「自分らしい働き方」って言われても、やりたいことも分からない

女性が目指すキャリアに着目してみると、しばらく前までは、「皆がその方向に進むから自分もそこを目指す」という傾向が強く見られました。特に新卒の就職活動においては、安定感のある大手企業を希望する人が多かったように思います。

ところが最近は、テレワークや副業など新しい働き方が広がり、仕事と育児や介護、学業などの両立もしやすくなるなどキャリアを巡ってさまざまな変化が進むなか、仕事を選ぶ時には、周囲に流されず「自分が大切にしたいもの」を軸に置いて考える人が増えてきているように感じます。

「安定性」を重視する人は今も多いですが、ほかにも「給与」「プライベートの時間・休日」「やりがい」「責任の大きさ」「一緒に働く仲間」など、大切にしたい条件が幅広くなってきました。

しかし、重視するポイントを明確に持っていたとしても、いざ就職・転職で企業や職種を探そうとすると、たくさんの選択肢があり、絞り込むのは簡単ではありません。「自分らしく働ける会社にしなさい」「あなたらしい仕事を選びなさい」と言われても、戸惑う人が多いのではないでしょうか。

悩んだ際には、キャリア相談サービスなどを利用する手もありますが、自らできることとして、「自分らしさ」とは何かをより明確にすることが近道になります。いざ実践するとなると意外と難しいのですが、自分らしさを定義する方法の一つとして、私がキャリアカウンセリングの際にアドバイスしているのは「過去を振り返ること」です。

何をしているときに楽しかったのか、どんなことで喜びを感じたか、どんなことにやりがいを感じたか――。過去を振り返って、それらを思い出してみることが、自分らしさを知る第一歩。喜びややりがいを再現できそうな仕事・職場を考えるというのもいいかもしれません。

周囲にいる「こうなりたくない」人にも注目

「自分らしさ」を生かすには、どんな選択をすればいいでしょうか。

自分らしさを知った後、この段階で立ち止まってしまう人も少なくありません。何を情報源に始めればいいのか、何を軸に考えればいいのか、漠然と迷っている人も多く見られます。やりたいことが分からず、モヤモヤした気持ちを抱えている状態で、「何か目標を見つけなさい」と言われても困ってしまいますよね。

そんな時は具体的にやりたいことを考えたり、強引に目標を設定したりするよりも、まずは「こうありたい」「こうなりたい」というイメージを描くところから始めてみてください。

パッと思いつかない時は、身近にいる人の中から「こんな人になりたい」と思う対象を探してみるといいでしょう。もちろん、全てにおいて尊敬や憧れの対象となる人物はそうそういるものではありません。

ですから、特定の1人ではなく、複数の人を対象に、「この人のこういうところが素晴らしい」と思えるポイントに注目してみるのです。

「この人のこういうコミュニケーションの取り方、いいな」
「この人のこういう気配り、いいな」
「この人のこのスキル、すごいな」

そうした部分的な「お手本」を持つ人を何人か集めてみましょう。ちなみに、「この人のこういうところ、嫌だな」というのも、お手本になります。「こうなりたくない」と感じることの裏返しが「こうなりたい」ですから、反面教師にしてしまいましょう。

仕事や職場で関わる人が少ない場合は、社外のセミナーやコミュニティーなどに参加して、そこで出会った人たちから「いいな」ポイントを集めるのもいいでしょう。

こうして自分が「いいな」と思う要素をいくつも組み合わせていくことで、自分の理想とするイメージを描くことができるようになると思います。

働く目標がなく、自分らしい働き方が分からず悩んでいる女性
写真はイメージです

次のアクションを決めるのは「こうなりたい」

「こうありたい」「こうなりたい」というイメージが明確になると目標も見えてきます。

「こういう人になるには、こんな勉強をしてみるといいかな」
「このスキルを身に付けるには、こんな仕事にチャレンジしてみるといいかな」

こんなふうに、自然に次のアクションを決めることができるでしょう。

さて、私が日頃、キャリアカウンセリングをしていて思うのは、「自分自身を大事にしてほしい」ということです。自分がやりたいことが分からず悩んでいる人の中には、そもそも日々の生活に満足していないという人も少なくありません。

仕事だけではなく、趣味や人との会話など少しでも興味・関心の幅を広げていくことも大切です。自分が「やりたいこと」「進みたい道」に常に向き合い、考える機会を持っていただきたいのです。目標を見据え、そこへ進んでいくことが、自分を大事にすることだと思っています。

「私はなぜ今、ここで働いているのか」
「ここで働いて、何をかなえたいのか」

ときどき立ち止まって、自分自身を見つめ直す時間を作ってみてください。次に何を選択すれば良いか、きっと見えてくるはずです。

あわせて読みたい

今の仕事を続けるより転職を考えたほうがいいのか、今後どのようなキャリアを歩んでいけばいいのか、仕事と家庭を両立するには――。人材派遣を通じてキャリア支援を行っているリクルートスタッフィングのキャリアカウンセラーらが、働く女性たちの悩みや不安にアドバイスします。

犬飼幸一
犬飼 幸一(いぬかい・こういち)
リクルートスタッフィング エンゲージメント推進部キャリアウィンクグループ

2001年にリクルートスタッフィング入社。営業や理工系学生の就職・転職支援事業を経て、2019年より、事務職未経験の方を対象にした無期雇用派遣サービス「キャリアウィンク」の人事企画業務を担当。キャリアウィンクスタッフの採用、育成、企画まで幅広い業務に携わり、キャリアチェンジを望む方々と人手不足に直面する企業双方にサポートを行う。国家資格 キャリア・コンサルタント。CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。

Keywords 関連キーワードから探す