知らないうちに信用力が下がる!? クレカで気をつけたいこと5選

現金がなくても手軽に買い物ができ、ポイントもたまるクレジットカード。いまやほとんどの方が持っているのではないでしょうか。確かにとても便利なクレジットカードですが、使い方に気をつけないと信用力が下がり、損をする可能性も。今回は、クレジットカードの信用力が下がる代表的な五つの行為をお話しします。

クレジットカードの信用力が下がる代表的な行為には以下の五つがあります。一つ一つ見ていきましょう。

<1> 短期間に多くのクレジットカードを申し込む

お得なクレジットカードを探していたら、いくつも良いカードが見つかり、短期間に複数のクレジットカードに申し込んでしまったなんてはことありませんか?

1〜2か月ほどの短期間で複数のクレジットカードを申し込む「多重申し込み」を行うと、信用力が下がり、クレジットカードの審査に通らなくなることがあります。

クレジットカードの審査の可否や利用限度額は、申し込んだ人がきちんとお金を返せるのかという返済能力や、過去のクレジットカードの使い方などによって決まりますが、多くのクレジットカードを申し込めば返済能力以上にお金を使ってしまう可能性が高まりますよね。

カード会社の方も短期間に立て続けにクレジットカードを申し込むということは、「1枚のクレジットカードでは足りないくらいお金を使いたいのでは?」「すぐに大金が必要な事情があるのでは?」と警戒します。返済能力以上に利用する恐れがあるとなると、カード会社にとっては返済されないリスクが大きくなるので、クレジットカードの審査でNGを出すというわけです。

クレジットカードの申し込みの記録は、クレジットカードやローンの契約・申し込みの情報を管理する「信用情報機関」に6か月間保管されます。カード会社は、クレジットカードの審査の際に信用情報機関の情報を参照しますので、多重申し込みしていることがわかります。1枚〜2枚程度なら問題ありませんが、もしそれ以上新たに申し込むことがあれば、最低でも6か月は時間をあけてからにしたほうがよいでしょう。

<2> クレジットカードを作っても短期間で解約する

クレジットカードを見ながらネットショッピングする女性
写真はイメージです

クレジットカードを作ると、ポイント還元などお得なキャンペーンをやっていることはよくあります。こういったキャンペーン目的にクレジットカードを作り、特典を受け取ったら解約するという行為も信用力を下げることにつながります。カード会社には、短期間で解約した記録が残ります。「キャンペーンだけが目的だった」と判断されてしまえば、次からはクレジットカードが作れなくなる恐れがあります。

クレジットカードは、枚数を絞って使うほうが、ポイントもためやすく、お金の流れも見えやすくなって便利です。不要なクレジットカードは、なるべく解約したほうがいいのは確かですが、特典だけ受け取って短期間で解約するのは好ましくありません。最低でも1年間は使う、保有するなどしてから解約しましょう。

<3> 商品券やギフト券など換金性の高い商品を大量に買う

実はショッピングの内容もチェックされています。例えば、ギフト券、商品券、ブランド品などをクレジットカードで買う機会もあるでしょう。常識的な範囲で購入するのであれば問題ありませんが、大量に購入するのはNG。なぜなら「クレジットカードの現金化」が疑われるからです。

ギフト券、商品券、ブランド品などは、金券ショップなどの買い取り業者に買い取ってもらうことができます。買ったときと同額とはいきませんが、買い取ってもらえば、手元には現金が入ってきます。これがクレジットカードの現金化です。つまり、クレジットカードのショッピング枠を間接的に現金化していることになるのです。

クレジットカードの現金化は、カード会社の規約で禁止されています。現金化がカード会社に発覚すると、カードの利用停止や強制解約、会員資格の取り消しなどの措置が取られます。以後も新たなクレジットカードの審査に通りにくくなる可能性が高いので注意しましょう。

<4> キャッシング枠をたくさん利用している

クレジットカードには、買い物ができるショッピング枠と、お金を借りられるキャッシング枠が設定されています。このうち、キャッシング枠の利用が多い場合は、カード会社に「お金がいつも足りないのでは?」と思われてしまう原因に。クレジットカードを新たに作りにくくなる可能性があります。毎月の返済額を一定にするリボ払いも同様で、お金に余裕がないから高い金利を支払い続けているのだと判断される可能性があります。

キャッシング枠を利用すれば簡単にお金を借りることができますが、安易にお金を借りるのは信用力低下につながります。

<5> 支払いを滞納する

クレジットカードの信用力が下がる行為のなかでも、最も信用力を下げるのが支払いの滞納です。

クレジットカードの支払いを滞納すると、クレジットカードは利用停止になりますし、支払いが遅れるほど遅延損害金を支払う必要も出てきます。滞納がわかったらすぐにカード会社に連絡して必要な手続きをする、あるいは督促状に沿って速やかに支払うようにしましょう。

支払いが1、2回遅れたという程度であれば、まだ問題ないでしょう。ただし、滞納が常態化するようだと、その履歴が信用情報機関に保存されます。利用限度額が少なくなったり、新たなクレジットカードの発行ができなくなったりする可能性が高くなります。

信用力が下がるとどうなる?

信用情報機関の情報は、カード会社だけでなく、銀行、携帯電話、さらには消費者金融などの会社も参照しています。今回お話ししたクレジットカードの信用力を下げる行為をして、よくない信用情報が信用情報機関に記録されると、たとえば住宅ローンや車のローン、スマホの買い替えなどにまで影響が及ぶことがあります。

もっとも、信用情報機関の情報は永遠に残るわけではありません。クレジットカードの場合、
・新規申し込み情報…6か月
・支払い遅延情報…5年
・強制解約や破産情報…5年または10年
と定められています。期間を過ぎれば照会はできなくなります。

とはいえ、同じクレジットカード会社においてはこの限りではありません。例えば、同じ会社のクレジットカードを「短期間で解約した」という情報は、そのカード会社にずっと残ります。そうなると、そのカード会社では今後もクレジットカードの審査が通らなくなる可能性が高くなります。

とても便利なクレジットカードですが、信用力の下がるような使い方をすると、損をしてしまうことになります。クレジットカードは適切に使うことが大切です。

高山一恵さん
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に、「ゼロから始めて2時間で一生困らないマネープランができる本」(彩図社)など。

高山一恵さんと頼藤太希さんの共著「1日1分読むだけで身につく お金大全100」(自由国民社)が出版されました。お金の節約、税金・社会保険から、クレジットカードやスマホ決済の取り入れ方、お金の増やし方の基本と投資商品の選び方まで、わかりやすく解説しています。楽天ブックスなどで注文できます。

Keywords 関連キーワードから探す