漢字を書くのに、四角を真四角に書いていませんか?それはダメです

手書きをする機会が減り、「字が下手で恥ずかしい」という人は多いでしょう。でも、デジタルの時代だからこそ、ビジネスシーンや人付き合いで、手書き、ひいては美文字の価値が高まっています。ペン字講師の萩原季実子さんは、誰でも簡単に美文字が書けるようになる30の法則があると言い、ルールの一部を紹介してくれます。ビフォー、アフターで変化をチェックしてください。

漢字には、「口・中・高」など、四角い形がたくさんあります。スマホやパソコンで出てくるデジタル文字は、四角い漢字は正方形になっているので、そのまま書く人がほとんど。しかし、それでは、幼い字に見えてしまいます。

では、どうしたらよいのでしょうか。

四角い漢字を見つけたら、「逆台形」に書きましょう。下に向かってすぼめていくのがコツです。

たとえば、「口」や「田」のような正方形に近い場合でも、「中」や「京」のように横に長い場合でも、必ず下をすぼめるようにして逆台形にします。底辺がない「高」などの場合も同じ。形が引き締まり、大人っぽい印象になります。

高という漢字

ただし、縦に長い四角い漢字は逆台形にはしません。長方形のままで大丈夫です。

※この記事は「簡単ルールで突然、美文字が書ける」(ダイヤモンド社、税込み1430円)の一部を再編集しています。

斜め45度がいいのは漢字を書くときも同じ、大人っぽい印象に

美文字ルール、全部読む!

萩原季実子
萩原季実子(はぎはら・きみこ)
ペン字講師、ペン字・筆ペン教室myMOJI主宰

新潟県立新潟女子短大卒業後、イベント企画会社などを経て、2014年から自由が丘、表参道、渋谷などでペン字教室を開催。現在は、オンライン講座もスタート。子どもの頃から手紙を書くことが趣味で、会社員時代に「手書きの一筆箋・お礼状・封筒の宛名」を独自の営業ツールとして活用。顧客獲得数第1位などの営業成績を残す。2017年に出版した「大人のペン字練習帳」シリーズ(アスコム)ほか、著書は累計23万部突破。最新刊「簡単ルールで 突然、美文字が書ける」(ダイヤモンド社)が話題。テレビなどでも活躍中。

楽天ブックスへ
楽天ブックスへ
Keywords 関連キーワードから探す