「先取り貯蓄」を仕組み化、目標の定め方と役立つ金融商品

特に無駄遣いをしているわけではないのに、なかなかお金がめられない……という方は少なくないでしょう。お金が貯まらない人に有効なのは、「強制的に貯まる仕組みをつくること」。「先取り貯蓄」を実践しながら、貯蓄の習慣を作っていくことが大切です。今回は先取り貯蓄の方法と先取り貯蓄を実践する上で有効な金融商品や制度をご紹介します。

お金を貯めたいなら「先取り貯蓄」

お金を貯めるために一番大切なこと、それは、「先取り貯蓄」を心がけることです。余ったお金を貯蓄に回す「成り行き貯蓄」スタイルでは、貯蓄残高はなかなか増えません。確実に貯蓄を増やすためには、「先取り貯蓄」が鉄則です。

先取り貯蓄とは、支出したあとに余ったお金を貯蓄に回すのではなく、お給料が入ったら、先に貯蓄分を取り分けてしまうという方法です。先に貯蓄分を取り分けて、あとに残ったお金の範囲で生活すれば、確実にお金は貯まります。

とはいえ、毎月お給料日にお金を引き出し、別口座に入れて……と手作業でしていたら続けることが面倒になりますよね。そこで、この先取り貯蓄を仕組み化できる金融商品や制度を利用することが大切です。

目標はとりあえず生活費6か月分

先取り貯蓄を仕組み化するには、次のような金融商品や制度を活用するとよいでしょう。
今まったく貯蓄がないのであれば、財形貯蓄や定期預金自動積み立てを利用して少しずつ貯めましょう。目安は生活費の6か月分、できれば1年分です。

財形貯蓄または社内預金

財形貯蓄は、勤務先が毎月のお給料から天引きしてお金を貯める制度です。資金の使い道に制限のない「一般財形貯蓄」、年金として貯める「財形年金貯蓄」、住宅購入・増改築費用として貯める「財形住宅貯蓄」の3種類があります。「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」は、元利合計550万円までの利子が非課税になります。

社内預金は、法律によって金利が最低でも年0.5%以上にすることが定められています。大手都市銀行の普通預金の金利は0.001%ですから、使わない手はないでしょう。ただし、財形貯蓄も社内預金も勤務先に制度がなければ利用することはできません。

定期預金自動積み立て

勤務先に財形貯蓄制度や社内預金の制度がないという場合、銀行の定期預金自動積み立てを利用すると便利です。給与が振り込まれる銀行口座で、定期預金に自動で積み立てする日を給与振込日の翌日に設定すれば、ほぼ給与天引きの状態となり、確実にお金を貯めることができます。少しでも利率が高いネット銀行がオススメです。

お金を増やす「投資」も仕組み化を

部屋でくつろぐ女性
写真はイメージです。

生活費の6か月分から1年分の貯蓄ができたら、つみたてNISAやiDeCoなどの制度を活用してお金を増やすことも考えましょう。

つみたてNISA

つみたてNISAは、年間40万円までの投資で得られた利益を最大20年間にわたって非課税にできる制度。金融庁の基準を満たした投資信託に積み立て投資を行い、じっくりお金を増やしていきます。つみたてNISAの商品には、手数料が安く、中長期でお金を増やすことが見込めるものがそろっていますので、初心者でも選びやすく、投資をスタートしやすいでしょう。

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)

iDeCoは、毎月一定の掛金を支払って自分で運用を行い、原則として60歳以降に受け取る制度。「自分年金」を作る制度といわれます。
iDeCoでは、積み立て時、運用時、受け取り時の三つのタイミングで節税のメリットが受けられます。
<1> 積み立て時…掛金が全額所得控除になるので、毎年の所得税や住民税が減らせる
<2> 運用時…値上がり益・分配金などの利益が非課税になる
<3> 受け取り時…「一時金」でも「年金」でも税金の負担を軽くできる
つみたてNISAよりも節税のメリットが大きいのが特徴です。ただし、つみたてNISAと違い、60歳まで引き出せません。とはいえ、強制的に自分年金が作れると考えれば、むしろ好都合といえるでしょう。

貯めたいと思っているだけでは、なかなかお金は貯まりません。先取り貯蓄・先取り投資を仕組み化してお金を貯めていきましょう。

高山一恵さん
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に、「ゼロから始めて2時間で一生困らないマネープランができる本」(彩図社)など。

高山一恵さんと頼藤太希さんの共著「1日1分読むだけで身につく お金大全100」(自由国民社)が出版されました。お金の節約、税金・社会保険から、クレジットカードやスマホ決済の取り入れ方、お金の増やし方の基本と投資商品の選び方まで、わかりやすく解説しています。楽天ブックスなどで注文できます。

Keywords 関連キーワードから探す