「もう無理です」と言ったら試合終了…低姿勢で上手い断り方は?

職場で「ことばづかい」を間違えると、人間関係にヒビが入ったり、信頼を失ったりすることがあります。仕事上のコミュニケーションに悩みを抱えている人は、無意識のうちに余計な一言を言ってしまったり、いら立たせる話し方をしたりしているのかもしれません。コミュニケーション術のスペシャリスト櫻井弘さんが、好感度がアップするフレーズを指南します。

過剰な要求をされてやんわり断りたいとき

どう頑張っても相手の期待に応えることができないとき、あなたはどのように伝えますか? 悪い断り方、良い断り方を紹介しましょう。

 もう無理です

 ご容赦いただけませんでしょうか?

価格交渉の席などで過剰な要求をされたとき、「もう無理です」という断り方は突っぱねている印象を与え、交渉自体が決裂してしまうおそれがあります。切迫感を出しつつ、「ご容赦いただけませんでしょうか」と言うといいでしょう。

「努力はしたものの、これ以上はどうしても相手の意向に沿えない」というときは、低姿勢かつきっぱりとした断り方をするのが大事。やんわりとしたことば選びに加え、態度や表情、語調も使って伝えるのがポイントです。

【職場で好かれる言いかえ】前と違うことを言う上司にソフトに反撃

※この記事は「イラっとさせることばを好感度120%のセリフに変換!ことばの言いかえ見るだけノート」(宝島社、税込み1400円)の一部を再編集しています

【職場で好かれる言いかえ】 全部読む!

あわせて読みたい

櫻井 弘(さくらい・ひろし)
(株)櫻井弘話し方研究所代表取締役社長

東京都出身。(株)話し方研究所顧問。製薬、金融、サービス、IT関連等の民間企業をはじめ、人事院、各省庁などにおいて各種コミュニケーションに関する研修を手がけ、研修先は2000以上におよぶ。著書・監修書に「『話し方』『伝え方』ほど人生を左右する武器はない!」「すぐに使える!できる大人のモノの言い方ハンドブック」などがある。

Keywords 関連キーワードから探す