ショパンコンクール2位のピアニスト反田恭平が弾く「ラルゴ」の旋律

2021年10月にポーランド・ワルシャワで開催された「第18回ショパン国際ピアノコンクール」で2位入賞に輝いた反田恭平さん(27)。5年に1度しか開催されないこのコンクールは、新型コロナウイルスの影響で2020年の開催が1年延期されて行われました。前回のショパンコンクールのファイナリスト小林愛実さんも4位入賞。反田さんは、OTEKOMACHI(大手小町)のインタビューのために、第3次予選で披露した「ラルゴ」を演奏してくれました。

ピアノを演奏するピアニストの反田恭平さん(東京都港区の「スタインウェイ&サンズ東京」で)
ピアノを演奏する反田さん(東京都港区の「スタインウェイ&サンズ東京」で)

ピアノを演奏するピアニストの反田恭平さん(東京都港区の「スタインウェイ&サンズ東京」で)

3月8日の国際女性デーに合わせ、女性の活躍やダイバーシティー&インクルージョンの推進に大切なことは何か、Z世代と呼ばれる若い起業家やリーダーたちに聞きました。次世代を担う彼らが、人生をデザインする上で大切にしていることとは――。

あわせて読みたい

反田 恭平(そりた・きょうへい)
ピアニスト

1994年生まれ。札幌市出身。2021年10月、ポーランドのワルシャワで行われた第18回ショパン国際ピアノコンクールで、日本人として51年ぶりに2位を受賞。2018年、株式会社NEXUSを起業。2019年、レーベルNOVA Recordを立ち上げ、2021年、交響楽団Japan National Orchestraを設立。

Keywords 関連キーワードから探す