メルカリでお小遣い稼ぎをしたら税金ってかかるの?

年末になると、大掃除もかねてメルカリなどのフリマアプリで不用品を販売し、お小遣い稼ぎをしている方も多いのではないでしょうか。そこで気になるのがその収入には税金がかかるのかということ。今回は、副業でお小遣い稼ぎをする場合の税金の取り扱いについてお話しします。

メルカリでお小遣い稼ぎをしても税金はかからない

結論から言うと、基本的にメルカリなどのフリマアプリで着なくなった洋服や使わなくなったバッグ、靴、家具など家の不用品を売って収入を得た場合、その収入には税金がかかりません。

なぜなら、生活で通常利用する生活用物品を売却した収入は、所得税の課されない譲渡所得となるため基本的に課税されないからです。
ただし、生活用物品の売却であっても、次のケースでは課税対象となるので注意が必要です。

<1> 1点30万円を超えるものを売却した場合(宝石、絵画、骨董こっとう品など)
<2> 生活に通常必要でないものを売却した場合(高級スポーツカー、ゴルフ会員権など)
<3> 営利目的で売却した場合(転売やせどりで生活必需品を販売している、ハンドメイドで作品を販売しているなど)

上記の課税対象となるものを売ったり、ブログやコラムの執筆などの副業で収入を得たりしている場合、収入から必要経費を差し引いた所得が年間20万円を超えた場合には、確定申告が必要になります。所得が20万円以下であれば確定申告は必要ありません。

バッグや靴
画像はイメージです

副業の「所得」が20万円以下なら確定申告は不要

上記で、副業で得た所得が20万円を超えた場合には税金がかかり、確定申告が必要というお話をしましたが、この場合の20万円は「収入」ではなく「所得」であることがポイントです。

所得とは、収入から経費を差し引いたもの。たとえば、副業で稼いだ収入が40万円だったとしても経費が25万円かかったのであれば、所得は15万円になります。

経費は、その仕事をする上で必要なものが対象です。例えば、書籍代、文具代や打ち合わせのための交通費、通信費などは必要経費になります。メルカリの場合であれば、商品の仕入れ費、商品発送時の梱包こんぽう費、商品にかかる送料などが必要経費になるでしょう。

ただし、例えば、メルカリ以外にも副業で得ている所得がある場合には、それぞれに20万円以下ではなく、副業で得た所得全てを合算した金額が20万円以下の場合は確定申告が不要ということですので、複数の副業をやっている場合は注意しましょう。

所得が20万円未満でも住民税は申告が必要

副業の所得が20万円以下であれば、確定申告の必要がなくて安心と思った方、確定申告が不要であるのは所得税についてのみであることに注意しましょう。

実は住民税には申告不要のルールはありません。20万円以下でも申告します。

通常、所得税の確定申告をすれば、その情報をもとに市区町村役場で住民税が計算されます。

しかし、所得税の確定申告をしないと市区町村には正しい所得の情報が伝わらず、正しい住民税の計算ができません。

副業の所得が20万円以下で所得税の確定申告をしない場合でも、住民税の申告を地域の市区町村役場にします。申告方法は、お住まいの役所に確認しましょう。

高山一恵さん
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に、「ゼロから始めて2時間で一生困らないマネープランができる本」(彩図社)など。

高山一恵さんと頼藤太希さんの共著「やってみたらこんなにおトク!税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)の第3版が出版されました。楽天ブックスなどで注文できます。

Keywords 関連キーワードから探す