転職、退職した時に忘れずにやっておきたい年金の手続き

会社を転職したり、退職したりすると、これまで加入していた年金が変わる可能性があります。そこで今回は、転職、退職時に忘れずにやっておきたい年金の手続きについてお話しします。手続きを忘れると、思わぬ落とし穴があります。

公的年金は三つの種別に分かれている

そもそも公的年金は「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」の三つの種別に分かれています。

第1号被保険者は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満で、学生、自営業、フリーランスの方が該当します。

第2号被保険者は、会社員や公務員など、厚生年金に加入する方が該当します。

第3号被保険者は、20歳以上60歳未満である第2号被保険者の被扶養配偶者で、年収130万円未満の方が該当します。

ですから、会社を退職して無職になったり、結婚して夫の扶養に入ったりしたという場合には、加入する年金の種別が変更になるというわけです。

ケース別の年金手続き

年金手帳と生活費
写真はイメージです

では、ケース別にどのような手続きが必要になるのかを見てみましょう。

正社員で働いていた会社を退職し、無職になるケース

このケースでは、第2号被保険者から第1号被保険者になりますので、国民年金に加入することになります。

退職した翌日から14日以内に、必要書類をそろえて居住地の市区役所または町村役場の国民年金窓口で手続きをします。

必要な書類は「退職した日がわかる書類(退職証明書、資格喪失証明書など)」、「年金手帳」もしくは「基礎年金番号通知書」、「身分証明書」「印鑑」「通帳やクレジットカード」などです。

国民年金の保険料は毎月自分で支払う必要があります。

結婚をきっかけに正社員で勤務していた会社を退職し、専業主婦になるケース

このケースは、仕事を辞めて、会社員の夫の扶養に入るので、第2号被保険者から第3号被保険者になります。

退職後1年間の見込み年収が130万円未満であれば、厚生年金に加入している配偶者(第2号被保険者)の扶養に入ることができます。

手続きは、夫の勤務先で行います。妻が退職した翌日から14日以内に、必要書類をそろえて夫が勤務先の担当部署に提出します。

必要な書類は「第3号被保険者関係届」「退職した日がわかる書類(退職証明書、資格喪失証明書など)、「年金手帳」もしくは「基礎年金番号通知書」などです。勤務先ごとに提出する書類は異なることがあるので勤務先に確認をしましょう。

第3号被保険者の場合、自分自身で国民年金の保険料を支払う必要はありません。

正社員で働いていた会社を退職し、別の会社に正社員として転職するケース

このケースは、正社員で働いていた会社を退職し、別の会社に正社員として転職するので、第2号被保険者で変わらず、厚生年金への加入が継続します。

このケースのように転職先が法人で離職期間がなく、すぐに転職をする場合には、自分で手続きをする必要はありません。厚生年金の手続きは転職先の企業が行うため、マイナンバーもしくは基礎年金番号を転職先の企業に伝えるだけで手続きは完了します。

退職の翌日に厚生年金保険は資格喪失になりますが、その月のうちに転職して厚生年金保険の資格を取得すると、年金に加入していない状態は生じません。

ただし、入社日が退職日の翌月以降になる場合は、厚生年金保険が継続されず、一時的に国民年金に切り替える必要があります。例えば、退職から転職まで月末をはさんで期間が空く場合に厚生年金保険の被保険者期間に空白ができるので、この期間は自分自身で手続きをして国民年金の被保険者になる必要があります。

手続きを忘れるとどうなる?

手続きを忘れて、国民年金の保険料が未納になってしまうと、将来の年金の金額が少なくなってしまうだけでなく、障害年金や遺族年金を受け取れなかったり、iDeCoに加入できなかったりします。また、長い期間にわたって未納が続く場合には、財産の差し押さえが行われることも。ライフプランの変更があった際には、速やかに手続きをするようにしましょう。

収入の状況などが変わって、国民年金の保険料を支払えないという場合には、保険料免除制度や保険料納付猶予制度を利用すれば、保険料を支払っていない状態でも、「受給資格期間」にはカウントされます。お住まいの市区町村役場の窓口で申請することができます。

高山一恵さん
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「ゼロから始めて2時間で一生困らないマネープランができる本」(彩図社)など。

高山一恵さんと頼藤太希さんの共著「やってみたらこんなにおトク!税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)の第3版が出版されました。楽天ブックスなどで注文できます。

Keywords 関連キーワードから探す