出産育児経験のない保育士はダメ?保護者の要望にショック

読売新聞夕刊の「OTEKOMACHI」のページと連動し、「モヤモヤ・健康編、働き方編」として、働く女性の仕事や健康に関する悩みに専門家が答えます。

20歳代の保育士です。ある保護者に「出産育児を経験した人にみてほしい」と言われ、ショックです。憧れの仕事で、4年制大学を出て、幼稚園教諭の資格も取りました。保護者の気持ちもわかりますが、今後同じことを言われた時、どうすべきですか?

別の不満原因か

「出産育児経験のある人に子どもの担任をしてほしい」というのは、実は保育の現場ではよくある要望です。小学校ですらこうした要望が出ることがあります。

僕も12年間保育士として勤めましたが、似た経験はあります。ショックを受ける気持ちもわかります。ただ、出産などを経ていないとふさわしくないのなら、男性保育士は不適任ということになりますが、そうではありません。

保育には固定化したイメージがあり、女性の仕事という印象が強く、かつては保母と言われた時代がありました。しかし、保育の専門性と出産育児はイコールではありません。単なる託児ではないからです。命を守り、集団生活の中で個を育て、社会性を身につけさせ、子どもが健やかに成長する土台を作るのが保育士の役目です。その専門性は資格を取得する課程で身につくもので、出産育児経験と直接は関係ないのです。

こうした要望は、保護者の何らかの不安や不満に起因することが多いです。しっかりコミュニケーションを取って、不安や不満の原因を探り、解消することが重要です。今や保育はチームでするものです。若く、社会経験が少ない保育士が悩みなどを抱えている時は、チームで解決にあたる組織運営も求められています。(大阪教育大教授 小崎恭弘さん)

あわせて読みたい

小崎 恭弘
小崎 恭弘(こざき・やすひろ)
大阪教育大教授(保育学)

1968年、兵庫県生まれ。同県西宮市役所初の男性保育士として12年間勤務後、「父親の育児支援」の研究を始めた。神戸常盤大学を経て、現職。ワークライフバランス、子育て支援、保育研修など、これまでに2000回の講演実績を持つ。

あなたのモヤモヤ、

専門家に相談してみませんか?
相談はこちらから

相談募集中

Keywords 関連キーワードから探す