そもそも年末調整って何? 損しないために知っておきたい仕組み

会社員や公務員の方は、そろそろ年末調整の時期ですね。年末調整は納める所得税の金額を決める大切な手続きです。もし手続きしないでいると、本来安くできる所得税を安くできず、損をしているかもしれません。そこで今回は、年末調整のしくみと税額の決まり方、働き女子が該当しそうな代表的な所得控除についてお話しします。

年末調整は「正しい所得税の金額を計算する」こと

会社員や公務員は、毎月の給与や賞与からあらかじめ所得税が差し引かれています。これを源泉徴収といいます。しかし、源泉徴収された所得税の金額と、本来納めるべき所得税の金額にはズレが生じます。なぜなら、毎月源泉徴収される所得税の金額は、1年間にこれくらいの収入を得るだろうと仮定して算出した概算の金額だからです。また、家族が増えたり、生命保険料を支払ったりといった1年間に起きた個人の事情によっても、所得税の金額が変わってきます。税金を安くできる「所得控除」という仕組みがあるためです。

1年間の給与や賞与がはっきりする年末に、勤務先は従業員から所得控除に関する情報を集めて、正しい所得税の金額を計算します。これが「年末調整」です。

年末調整の結果、本来の所得税よりたくさん支払っていた場合は、その差額が戻ってきます。12月の給与がいつもよりも多い場合は、納めすぎた所得税が戻ってきたことが考えられます。反対に本来の所得税より支払った金額が少ない場合は、差額を納める必要があります。

所得税額は「所得控除」が多いほど減らせる

もし、年末調整の手続きをしないでいる方がいたら、もったいないかもしれません。なぜなら、正しい所得税額は、次の流れで計算されるからです。

所得税額の計算方法

所得税額は、次の手順で導き出します。
まず、給与収入から、会社員や公務員に必要経費として認められている「給与所得控除」を差し引いて、「給与所得」を算出します。その次に上記でお話しした「所得控除」を差し引いて課税所得を算出します。そして、課税所得に応じた税率をかけることで、所得税額を算出するのです。なお、計算された所得税額は、さらに「税額控除」というしくみで金額を直接減らすことができます。

給与所得控除は給与収入に応じて決まりますが、所得控除は人によって異なります。所得控除が多くできれば、課税所得の金額が減るわけですから、それだけ所得税額が少なくなるわけです。ですから、年末調整をしっかり行うことが大切なのです。

図表 

図表・所得税算出までの流れ
(C)株式会社Money&You

働き女子が該当する代表的な所得控除とは

所得控除は、全部で15種類。そのなかから、働き女子の年末調整のうち、代表的な控除である「生命保険料控除」、「小規模企業共済等掛金控除」について紹介します。

生命保険料控除
生命保険料控除は、保険料を支払ったときに受けられる所得控除です。毎年10月ごろ、加入している保険会社から郵送で「生命保険料控除証明書」などの書類が届きます。年末調整の手続きをする際に、この書類を添えて提出します。

生命保険料控除の対象になるのは、
<1> 一般生命保険料控除(定期保険や終身保険など)
<2> 介護医療保険料控除(医療保険や介護保険など)※2012年以降の契約のみ
<3> 個人年金保険料控除(個人年金保険)
の3種類です。
2011年までの契約(旧契約)の場合は<1>と<3>について、それぞれ5万円(最大10万円)、2012年以降の契約(新契約)の場合は<1>と<2>と<3>について、それぞれ4万円(最大12万円)の所得控除が受けられます。

小規模企業共済等掛金控除
小規模企業共済は、小規模な企業の経営者などが老後の資金を準備するための制度です。掛金はすべて小規模企業共済等掛金控除の対象になり、所得控除が受けられます。

実はiDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)の掛金もこの小規模企業共済等掛金控除の対象。全額所得控除できます。

ただし、税金を安くしながら老後資金が用意できるからとiDeCoをはじめても、年末調整の手続きをしなければ税金は安くなりませんので要注意。この時期、国民年金基金連合会から「小規模企業共済等掛金払込証明書」が送られてくるので、他の控除証明書と一緒に忘れずに会社に提出しましょう。

ただし、iDeCoの掛金の納付方法を「事業主払込」にしている会社員の場合には、年末調整をする必要はありません。事業主払込の場合は、事業主が社員に給与を払い込む際に、iDeCoの掛金を天引きして加入者本人に代わって納付し、年末調整に関する手続きも事業主が行うことになっているからです。

ちなみに、1年間に支払った医療費が10万円を超えたときに適用になる「医療費控除」や健康診断や予防接種を受けている人が、薬局などで1年間に1万2000円を超えるスイッチO T C医薬品を購入した場合に適用になる「セルフメディケーション税制」などは、年末調整での手続きはできません。確定申告が必要になります。

以上、年末調整や確定申告で所得控除をきちんと申請すればその分支払う所得税が減らせる可能性大! 所得税が減らせるということは、手元に残るお金が増えるということですから、漏れのないようにひとつずつ確認・手続きしましょう。

なお、年末調整で手続きを忘れた場合、確定申告をすれば控除が受けられます。また、確定申告を忘れた場合も、5年以内であれば「還付申告」という手続きをすることで、払いすぎた税金が戻ってきます。該当する控除がある方は、税務署に相談してみましょう

高山一恵さん
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「ゼロから始めて2時間で一生困らないマネープランができる本」(彩図社)など。

Keywords 関連キーワードから探す