知っておきたいクレジットカードの落とし穴、リボ払いにご用心

買い物をするときにとても便利なクレジットカードですが、リボ払いを利用するなど、支払い方法によっては高い利息を支払うことになります。今回は、外出自粛期間が長くなり、通信販売などでクレジットカードを使う機会が増えているからこそ、知っておきたいクレジットカードの落とし穴についてお話しします。

クレジットカードの仕組み

今やクレジットカードを持っていない人はいないのではないか、と思えるほど普及していますが、その仕組み、メリットとデメリットについて改めて理解しておきましょう。

① 顧客の立場からのクレジットカード

クレジットカードのメリットは、現金で支払わなくてもカードを見せてサインをすれば、商品を受け取ることができるところです。また、クレジットカードで買い物をすることでポイントがつくところも重要ですね。

一方、デメリットは、現金がなくても買い物ができてしまうので、お金を使いすぎてしまうこと。また、分割払いやリボ払いなどを利用することで、金利手数料がかかってしまうことです。

② お店の立場からのクレジットカード

顧客がクレジットカードで買い物をすると、買い物の利用代金が増え、お店の売上が増える傾向にあります。また、商品の代金は、クレジットカード会社が支払ってくれるので、確実に代金を回収できるところもメリットです。

一方、デメリットは、カード会社が商品代金を支払ってくれる代わりに、お店はカード会社に決済手数料を支払う必要があることです。

③ カード会社の立場からのクレジットカード

カード会社のメリットは、顧客やお店からさまざまな手数料が入ってくることです。顧客からは、カードの年会費や分割払い、リボ払いをした時の手数料、お店からは決済手数料が入ります。

クレジットカードを利用する人が増えるほど、カード会社は利益が増えるので様々な方法で積極的に勧誘するわけです。

写真はイメージです

クレジットカードを上手に使うポイント

上記のクレジットカードの仕組みを踏まえた上で、賢く使うためのポイントを見ていきましょう。

① 年会費無料のカードを選ぶ

まずは、年会費無料のカードを選びましょう。最初の1年目は無料でも2年目以降に年会費がかかるケースも少なくありませんので、注意が必要です。年会費がかかるカードを選ぶ場合には、年会費がかかってもそれ以上にお得になるのかどうか、きちんと試算した上で選ぶことが大切です。

② 手数料がかからない支払い方法を選ぶ

クレジットカードで支払う場合には、金利手数料がかからない、「一括払い」「2回払い」「ボーナス一括払い」を選ぶのが基本です。反対に「3回以上に分けて支払う分割払い」、毎月決まった金額だけを支払う「リボ払い」は金利手数料が高いので、避けた方が無難です。

リボ払いの金利は年15%が一般的

クレジットカードの支払い方法の中でも、カード会社が積極的にすすめてくるのが「リボ払い」です。支払日が近づいてくると、カード会社から「リボ払いに変更できます」という連絡がくることもあります。また、リボ払いを利用すると多くのポイントが得られるといったキャンペーンもあります。

リボ払いとは、利用件数や金額に関係なく、毎月一定額ずつを支払う方法のこと。利用金額は、自分で設定します。リボ払いは、高額の商品を買っても月々の返済額が一定で、顧客にとって負担感が少ないのが特徴です。

積極的にカード会社がリボ払いをすすめてくる理由は、カード会社にとってリボ払いが一番、利益が大きいからです。

リボ払いの金利は、カードによって異なりますが、年15%程度が一般的です。

例えば、30万円のブランドバッグを買い、毎月支払う元金を5,000円のリボ払いにするとします。金利15%の元利均等返済にすると、支払回数は60回、支払総額は41万3,680円になります。

カード会社はもうかりますが、顧客にとってみれば、なんと、利息だけで、約11万3,000円も支払うことに。

そして、返済が完了するまでに5年もかかってしまうので、返済し終わるころには、もしかして使っていないかもしれませんね。

クレジットカードのリボ払いではありませんが、有名なフリマアプリでも、同じように購入した商品の代金を、毎月一定額支払う定額払いのサービスがあります。分割で、しかも定額払いなら便利と思うかもしれませんが、定額払いといっても金利は年15%程度とリボ払いと変わりません。

便利な部分にばかり着目しがちですが、リボ払いも立派な借金です。購入しようとしている商品が高金利のリボ払いまでして欲しい商品なのか、冷静に考えましょう。賢い顧客でいるためには、基本的にリボ払いは使わないに越したことはないでしょう。

高山一恵さん
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「ゼロから始めて2時間で一生困らないマネープランができる本」(彩図社)、「マンガと図解 はじめての資産運用」(共著、宝島社)など。

Keywords 関連キーワードから探す