ヤジ、触る、抱きつく…女性地方議員の6割も被害にあうなんて

「政治分野における男女共同参画推進法」の改正法が6月、施行された。議員や候補者へのセクハラ、マタハラを防ぎ、新たな政治参画を促すため、国や自治体、政党に防止策を求める規定が明記された。ただ、政治分野のハラスメントは企業などと異なる性質もあり、実情に見合った対策を打ち出せるかが問われる。