「鉄の女」小林味愛、福島で「桃の女」になったあかつきに流した涙

朝5時半。眠い目をこすりながらお茶を飲んでちょっと一息――。今日も、新しい一日が始まります。メールチェックをして、子どもが起きたら午前8時には保育園に送っていきます。その後は、オンラインでの打ち合わせや商談で午後5時過ぎまで働き、夕飯の準備。その間、夫が保育園に迎えに行き、夕食、お風呂、寝かしつけを終えたら、また仕事の資料をまとめて午後10時頃に就寝。福島の本社に出社する日は子どもが寝た頃に帰宅します。

バリキャリで苦しかった20代

東京・立川市で生まれ育ち、大学卒業後は国家公務員として衆議院調査局、経済産業省で働き、その後、民間の大手シンクタンクに転職しました。振り返れば、いわゆる「バリキャリ」で、男性に負けないようにと肩ひじを張っていたと思います。

「何かが違う」。なんとなく違和感を抱いたのは、民間企業に勤めていたころでした。しかも、その「モヤモヤ」がうまく言語化できなかったため、なかなか周囲から理解してもらえなかったり、逆に「弱い」と格下レッテルを貼られてマウントをとられたり、なんとも精神的に苦しい日々が続きました。気がつけば、十円ハゲができていました。

何も考える余裕がなく、とにかく寝ずに忙しかった20代。日常の何げない暮らしの断片一つひとつなんて、ほぼ記憶に残っていません。仕事ばかりの私を、いつだったか誰かが「鉄の女」と呼んだこともありました。

「産休・育休=迷惑をかけるかもしれない」
「子育て=長時間労働で出張も多い中、仕事と両立できる気がしない」

こんな方程式が、自分の中で勝手に出来上がってしまい、「子どもを産む」なんていう選択肢は1ミリも考えられませんでした。

そんな私の方程式は、福島県の農家さんたちとの出会いで一変しました。

太陽と人が育む桃

福島県の最北端にあり、宮城県と接する国見町。阿武隈川流域の豊かな土地で、桃、ぶどう、りんご、柿などが年間を通して栽培されています。

私が初めて福島県を訪れたのは、国家公務員として働きはじめた2010年。その後、転職したシンクタンクでも縁あって何度も通うことに。

地域の方々の温かさ、土地に根ざした文化、おいしい日本酒や食材、知れば知るほどその魅力にひかれていきました。「ここは何もない土地だから」と地方に暮らす人たちのお決まりの言葉を何度も打ち消し、まだ芽吹いていない多くの種の存在に心を奪われていました。

「活用の仕方次第で、素晴らしい実や花をつけるはず」。2017年に会社を辞め、人口約9000人の小さなこの町で、「株式会社陽と人(ひとびと)」を設立。規格外品の農産物の流通や加工品の企画販売など、地域資源を活用した事業展開を目指しました。

「太陽が昇ったら動いて、沈んだら休む。雨が降ったら休み。いつもお天道さまと一緒。夏場は日中暑くて働けねえけどな」

桃を植えて3年。農作業に汗を流す農家の人たちは、そう言って、木の成長を見つめながら、剪定せんてい、摘心、摘果を繰り返し、収穫の日まで手塩にかけて育てていきます。

起業家小林味愛さんが大手小町に寄せた「オピニオン」で書いた福島県の桃農家

私が関わっている農家さんの多くは、夫婦で力をあわせて農作物を育てています。そのため必然的に「パートナー」として、お互いを尊重して支え合って生きています。家族で過ごす時間が長く、子育てもチームで総力戦。子どもや孫をとっても大事にし、家族以外の子どもたちも地域ぐるみでかわいがってくれます。

自然と共生する人間の本質・生活リズム、満員電車で親子が怒鳴られたり、ひじ打ちされたりすることのない環境、子どもを見る優しいまなざしの大切さ――。農家さんたちと過ごす日々の中で、徐々に私の価値観は変化していきました。

こらえきれずあふれた涙

会社を設立して2年目で妊娠が発覚。事業がまだ軌道にも乗っていない中で、「短い期間でも働けなくなったら迷惑かけてしまう」と過去の方程式が頭をよぎり、「言えないなぁ……」とため息を漏らしました。

まだおなかのふくらみは目立たず、外見からはどうやってもわからない時期なのに、農家さんたちに妊娠したことがすぐにばれてしまいました。

「重いもの持つな、やっておくから」
「体が第一だぞ」

妊娠したことにビクビクしていたのに、驚くほどみんな赤ちゃんを歓迎してくれました。自宅に戻ると、こらえきれずにわっと涙があふれてきました。

◇   ◇   ◇

私に新しい選択肢をくれてありがとう。これから、国見町で変化していった、様々な人生の価値観について少しずつご紹介していきます。

あわせて読みたい

小林味愛プロフィル写真
小林 味愛(こばやし・みあい)
起業家

1987年東京都立川市生まれ。慶應義塾大学を卒業後、衆議院調査局入局、経済産業省出向、日本総合研究所を経て、福島県国見町で株式会社陽と人(ひとびと)を設立。福島県の地域資源をいかして、農産物の流通や加工品の企画販売など様々な事業を展開。あんぽ柿の製造工程で廃棄されていた柿の皮から抽出した成分を配合した国産デリケートゾーンケアブランド「明日 わたしは柿の木にのぼる」を立ち上げた。現在、2歳半の娘を育てながら福島県と東京都の2拠点生活を送る。

Keywords 関連キーワードから探す