気になりやすく疲れる「繊細さん」、仕事や恋愛が楽になる方法

「周りに機嫌の悪い人がいるだけで緊張する」「細かいところにまで気づいてしまい、仕事に時間がかかる」「疲れやすく、ストレスが体調に出やすい」――。このような悩みを持つ人は「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」かもしれません。周囲の刺激や人の気持ちに人一倍敏感な特性を持つ人を指すという言葉で、最近よく耳にするようになりました。11月には、HSPの女性を主人公にしたコミック「わたしは繊細さん」(武嶌波著、飛鳥新社刊)が出版されました。マンガの監修者で、HSP専門カウンセラーの武田友紀さんに、「繊細さん」が生き生きと働くために必要なことを聞きました。

機嫌の悪い上司、原因は「私のせい?」

「HSP」は、生まれつき、においや音、人の気持ちといった周囲の刺激や変化に敏感な特性を持つ人のこと。1996年に、アメリカの心理学者、エレイン・アーロン氏が概念を提唱しました。5人に1人は該当するとされるHSPを、武田さんは「繊細さん」と呼んでいます。

「繊細さんは、『割り切って働く』のが苦手な傾向にあります」。武田さんはそう話します。本書の主人公・小村渚(27)もその一人。機嫌の悪そうな上司を見て、「私のせいかも」と緊張したり、電話の音や香水のにおいを刺激に感じたり。職場では、「どうして私って、こうなんだろう……」と自信の持てない日々を過ごしていました。ある日、セミナーで自分がHSPだと知り、カウンセリングを受けるようになります。

武田友紀さん

原作は、武田さんが著した「『気がつきすぎて疲れる』が驚くほどなくなる『繊細さん』の本」(飛鳥新社)。2018年7月に発売されると、多くの共感を呼び、今年12月には発行部数が50万部を超えました。

「お給料をもらえるから」「いい同僚ばかりだから」がもたらすもの

武田さん自身もHSPで、専門のカウンセラーとして、累計約700人のカウンセリングや適職診断を行ってきました(新規の相談は現在休止中)。武田さんのもとを訪れる相談者は、20~30歳代後半の女性が全体の半数ほどを占め、転職の相談が目立つそうです。

ある営業職の女性は、「この商品はお客さんのためになる!」と考え、売り方を工夫して、どんどん成績を伸ばしていました。ところが、扱う商品が変わり、「人のためになるのか」という疑問を感じた結果、営業ができなくなってしまいました。他にも、「本当は今の仕事に興味が持てない」と思いつつ、「お給料がもらえるだけありがたい」「職場はいい人たちばかりだから」などと自分に言い聞かせて働き続けた結果、体調を崩して朝起きられなくなった人もいるといいます。

まずは自分の本音を自覚して

「頭で『こうすべき』と考えることと、無意識に『こうしたい』と感じていることの乖離かいりが大きくなると、体調を崩してしまう。感受性が強く、深く考える特性のある繊細さんはなおさらです」と武田さんは説明し、「まずは『自分の本音』を自覚して、大切にすることから始めましょう」とアドバイスします。

「わたしは繊細さん」より

まずは、朝起きて、コーヒーと紅茶、どちらが飲みたいかを考えるだけでも良いとのこと。渚も「自分の本音」を大切にしていくことで、恋愛や仕事などに少しずつ変化が生まれます。繊細さんの感じる生きづらさがリアルに描かれているため、武田さんは「繊細さんの家族にも読んでほしい。渚の見た目の変化にも注目してみてくださいね」と話します。

コロナ禍でも「季節」を大切に

「深く考える」という特性は、コロナ禍で繊細さんの心身に影響を及ぼしています。武田さんによると、新型コロナの影響が長引くにつれて、「季節感が失われ、体がふわふわとして地に足がついていない気がする」という声が増えてきているそうです。

地に足がつかない状態とは、「頭ばかりが働いている状態」のことだと武田さんは指摘します。繊細さんは、将来に不安を感じると、シミュレーションを繰り返して先のことをあれこれ考え続けてしまい、地に足のつかない状態になりがち。体を動かしたり、季節を感じたりして、一度思考を止めてリフレッシュすることが大切です。

「クリスマスや正月など季節に合わせて、おうちを飾るだけでも心は落ち着きます。文章や絵をかいて、気持ちをアウトプットするのも効果的ですよ」と武田さんは呼びかけています。

(読売新聞メディア局 安藤光里)

【あわせて読みたい】

武田友紀(たけだ・ゆき)
HSP専門カウンセラー

繊細の森代表。九州大学卒。大手メーカーで研究開発に従事後、カウンセラーとして独立。HSPの特性を大切にした適職診断が評判を呼び、全国から累計700人以上が相談に訪れている。著書に「『気がつきすぎて疲れる』が驚くほどなくなる『繊細さん』の本」(飛鳥新社)、「『繊細さん』の知恵袋」(マガジンハウス)など。

Keywords 関連キーワードから探す