源泉徴収票の見方、知っていますか? 家計管理は手取りの把握から

働き女子の皆さんには、年末になると会社から源泉徴収票が渡されるのではないでしょうか。見てみると、たった一枚の紙切れに、さまざまな情報が記載されていることはわかるけど、肝心の「読み方」がわからないという人が少なくありません。そこで今回は、源泉徴収票の読み方のポイントについてお話しします。

源泉徴収票には1年間働いた結果が記載されている

源泉徴収票には、1年間に会社から支払われた給与、そして、社会保険料、所得税などの総額が記載されています。自分が1年間働いた結果である「通信簿」のようなものと考えるとわかりやすいでしょう。

会社員の場合、1年間の給与や既に納めた税金を計算し、納めるべき税金を確定させる「年末調整」という手続きを会社が行ってくれます。保険に加入している人は、年末調整の手続き時に保険会社から送られてきた「保険料控除証明書」を会社に提出したのではないでしょうか。それらを加味したものが「源泉徴収票」という一覧になります。

源泉徴収票を読み解くことができると、今後の家計管理やマネープランに生かせるのですが、専門用語が書かれているため、読み方がよくわからないという人も少なくありません。それは、とってももったいないので、これを機に読み方をマスターしましょう。

全て読めなくてもOK  押さえておきたい4つの項目

源泉徴収票は、マイナンバー導入により、数年前から紙のサイズが大きくなり情報量も増えましたが、全て読めなくても大丈夫です。主に押さえておきたい項目は4つです。

(1)支払金額

ここには、1月から12月までに支払われた、または支払われる予定の給与の総額が記載されています。この「支払金額」は手取りではなく、税金や社会保険料が引かれる前の「額面の金額」です。ただし、月15万円までの交通費は含まれません。また、1年の途中で転職した場合は、以前に勤めていた会社からの給与も含まれています。クレジットカードや住宅ローンを借りる際に「年収」を書く欄があれば、この金額を書きます。

(2)給与所得控除後の金額

ここには、給与から会社員の必要経費に当たる「給与所得控除額」を差し引いた金額が記載されています。

そもそも所得税は、1月1日から12月31日までの暦年の所得に対して課税されます。といっても、1年間の収入の金額に対して、そのまま所得税の額を計算するわけではありません。簡単に説明すると、まず、収入から「その収入を得るために使った費用」などを差し引いて「所得金額」を計算します。つぎに、以下で説明する14種類の「所得控除」を引いて、「課税所得金額」を求めます。この課税所得金額に所得税率を掛けて、所得税が求められるのです。

必要経費というと、個人事業者を思い浮かべると思いますが、会社員の場合でも通勤するためにスーツや靴などを購入しますよね。こういった必要経費としての費用を「給与所得控除」として、給与収入に応じて一定の金額を計上することが認められています。

参考:給与所得控除額の金額

つまり、「給与所得控除後」の金額とは、給与収入から経費(給与所得控除)を差し引いた「給与所得」のことを指します。

(3)所得控除の額の合計

ここには、適用された所得控除の合計金額が記載されています。上記で説明したように、所得税は、給与所得からさらに「所得控除」を差し引いた「課税所得」に対してかかります。

所得控除とは、本人や家族の状況、災害や病気といった個人の事情によって、税の負担を軽くする制度です。所得控除は全部で14種類。まず、所得が少ない人に重い税負担がかからないよう、課税最低限を保障するものとして「基礎控除」「配偶者控除(または配偶者特別控除)」「扶養控除」があります。つぎに、個人の事情を考慮して税負担を軽くするものとして、「障害者控除」「寡婦控除」「寡夫控除」「勤労学生控除」があります。障害者控除は、本人または配偶者、扶養親族が該当する場合に受けることができ、それ以外の控除は、本人が該当する場合に加算されるものです。さらに、社会政策上の必要性から「社会保険料控除」「小規模企業共済等掛金控除」「生命保険料控除」「地震保険料控除」「寄附金控除」があります。病気になったり被災したりした人の税負担を軽くする「医療費控除」「雑損控除」もあります。

給与所得控除後の金額である「給与所得」からこの「所得控除の額の合計額」を差し引くと、「課税所得」を求めることができます。

(4)源泉徴収税額

ここには、会社が給与から差し引いて支払った所得税が記載されています。そもそも所得税は、課税所得金額に所得に応じた税率を掛けて算出されます。所得税の税率は、所得が多くなるにしたがって段階的に高くなる「超過累進税率」となっています。

収入が多くても差し引ける「所得控除」が多ければ、課税所得の金額が少なくなるので、その結果、税金が安くなります。所得控除の内容を理解して、受けられるものは漏れなく受けるようにしましょう。

参考:所得税の税率

源泉徴収票のサンプル

図表 源泉徴収票のサンプル

源泉徴収票から手取り年収を知るには

では、自分の「手取り年収」を知るには、源泉徴収票のどこを見たら良いのでしょうか。「手取り年収」とは、収入から税金や社会保険料などが引かれた後の、実際に自分の手元に入ってくるお金のこと。基本的に家計管理をするときには、手取り年収をもとに管理しますので、手取り年収を知っておくことは大切です。

源泉徴収票で手取り年収を知るには、「支払金額」―「源泉徴収税額」―「社会保険料等の金額」を計算します。

ただし、この金額には住民税は反映されていません。というのも、源泉徴収票には、住民税の記載がないからです。住民税については、毎月の給与明細で確認しましょう。1年分の住民税の金額を差し引くことで、正確な年間の手取り収入を知ることができます。

源泉徴収票の読み方がわかると、年収や収めている税金を知ることができるだけでなく、節税の方法や今後の家計管理についても考えることができます。今年は、源泉徴収票を受け取ったらぜひ、確認してみてくださいね。

 

高山一恵
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「ゼロから始めて2時間で一生困らないマネープランができる本」(彩図社)など。 

高山一恵さんと株式会社Money&You代表取締役でマネーコンサルタント頼藤太希さんの共著はじめてのNISA&iDECO」(成美堂)が出版されました。マンガと図解を駆使して、これから資産運用を始める人にわかりやすく解説しています。

Keywords 関連キーワードから探す