いまも、これからも、美しく生きるための行正ルール

料理研究家・行正ゆきまさり香さんの健康的な美しさには、秘密があります。あわただしい毎日の中でも、健やかで心穏やかにいるための“行正ルール”と、とっておきのアメリカンミートのレシピを教えていただきました。

健やかでいるための、運動と良い睡眠

行正さんの日課は、ウォーキング。さらに、水泳、筋トレ、ヨガも定期的に行っています。「窓ふきや掃除機がけも、運動のつもり」だそうで、パソコン作業の合間にはストレッチを行うなど、とにかくこまめに体を動かすといいます。

その理由は、以前運動をまったくしていなかったせいで、腰痛になった経験があるから。元気でいるために運動が必要不可欠だと身をもって知ったことで、どんなに忙しくても運動を取り入れ、常にキレイな姿勢を意識するよう心がけているのだとか。

その成果は、すらりとした立ち姿を見れば、一目りょう然です。

毎晩12時半に寝て、朝7時過ぎに起きるというリズムを崩さないことでも、体調がすごく良くなったそうです。

どんなに作業が山積みでも、18時になったら手を止めるのが行正ルール。コルクを抜いて、ワインの時間の始まりです。

落ち着いた照明と、お気に入りのジャズやクラシックも、あわただしいオンモードからリラックスできるオフモードへの切り替えを手伝います。「夜は、仕事から離れてしっかりゆるむ時間」と区切ることで、心と体を癒やし、心地良い流れに乗って、質の高い睡眠へといざなわれます。

心穏やかでいるための、ルールづくり、インプット、美容

やるべきことも、やりたいこともたくさんある日常で、ストレスをためないための行正ルールが2つあります。

ひとつ目は、毎朝その日にすることをリストアップすること。
もうひとつは、他人は変えられないと知ること。

「ストレスを失くすことはできませんが、どうしたら少しでも肩の力を抜けるかを考えながら、自分なりのルールをつくっています」と、明かしてくださいました。

忙しい現状を受け入れながらも、決して甘んじることなく、「じゃあ、うまくやるにはどうする?」と工夫する姿勢は、働き世代のOTEKOMACHI読者にとって大切なヒントになりそうです。

ほかにも、アンテナを常に張って情報を仕入れ、自分自身をアップデートすること、身なりを整え、歳を重ねても華のあるひとでいるために自分を磨き続けることなど、行正ルールはいますぐにでも真似したくなるものばかりです。

行正さんの美と健康はアメリカンミートで作られる

美しく健やかでいるために、もちろん食事にもかなりこだわります。牛肉、豚肉は、アメリカンミートを選ぶのが行正ルール。その理由は、美味しさと優れた栄養バランスにあります。

例えばアメリカンビーフは、筋肉や臓器など、体のあらゆる部分の元となるたんぱく質が豊富で、気になる脂質やカロリーは抑えめ。前述の通り、行正さんは毎日運動して筋肉をよく使うので、牛肉にはいつもアメリカンビーフを選んでいます。

ご紹介いただいたのは、アメリカンビーフのローストビーフサラダ。「忙しい人、お料理をあまりしない人でも絶対失敗しない」とのこと。今週末、早速試してみませんか。

 レシピの詳細はページ下部へ。

「最近よく眠れてない」という方におすすめなのが、こちらの鍋。睡眠のリズムを整えるビタミンB12が豊富なアメリカンポークと、リラックス効果のあるGABAを含むきのこの鍋です。栄養たっぷりの食材とやさしい味わいのスープで、心とお腹が満たされていきます。

 レシピの詳細はページ下部へ。

行正ルールをもっと深く知りたい方は米国食肉輸出連合会のホームページでご覧いただけます。

こちらで紹介していないレシピもご覧いただけますのでチェックしてみてください。

Vol.1 元気でいるには働かなくちゃ
Vol.2 夜の過ごし方が良い睡眠をつくる
Vol.3 ストレスをためない2つのルール
Vol.4 アンテナを張って、常に自分をアップデート
Vol.5 肌、爪、髪を年齢であきらめない

【アメリカンビーフのローストビーフサラダ】
▽材料(2人分)
・アメリカンビーフ ステーキ用 450g
・粗塩 小さじ1
・オリーブオイル 大さじ1
・サニーレタス(またはレタス、洗ってちぎる) 2
・きゅうり(輪切り) 1/4
・トマト(くし切り) 1
<ドレッシング>※すべての材料を混ぜておく
・白バルサミコ(なければ、すし酢でも可) 大さじ1
・エクストラバージン オリーブオイル 大さじ1
・粒マスタード 小さじ1
・粗塩 ひとつまみ
▽作り方
(1)粗塩をアメリカンビーフの両面にふりかける。中火で熱したフライパンにオリーブオイルを引き、表裏1分半ずつ焼いて取り出す。荒熱が取れたらラップでくるみ、ジッパー付きのプラスチックバックに入れる。
(2)蓋付きの鍋に、2リットルの水を入れ、沸騰させ火を止める。①の肉を入れて蓋をし、湯の余熱でローストしていく。
(3)お湯が冷めてから、肉を取り出して薄切りにする。器にサニーレタスをしき、ローストしたビーフ、きゅうり、トマトをのせ、ドレッシングをまわしかけて、できあがり。
【ポイント】
ローストビーフはグリルサンドイッチなどにしてもおすすめです。

<アメリカンポークときのこの鍋>
▽材料(2人分)
・アメリカンポーク 薄切り 250g
<スープ>
・水 4カップ
・昆布 10cm1
・中華スープの素(顆粒) 大さじ1
・しょうが(薄切り) 8
・にんにく(薄切り) 1かけ分
・ねぎ(緑の部分) 10cm
・粗塩 小さじ1
・ナンプラー 大さじ1
・きのこ 3カップ分ほど
 ※まいたけ、しめじ、なめこ、えのきだけ、しいたけ、 えりんぎなどお好みで
・唐辛子、セリやシャンツァイなど(お好みで) 適宜
▽作り方
(1)鍋に〈スープ〉の材料を入れて沸騰させ、粗塩、ナンプラーで味をつける。その間にきのこを掃除し、食べやすい大きさに切っておく。
(2)きのこをたっぷり入れ、ポークをさっとしゃぶしゃぶしていただく。お好みで唐辛子、セリやシャンツァイをのせる。

Profile プロフィール