なぜかお金がたまらない…「残念な節約」とは

始めよう!お金のレッスン

写真はイメージ

日々節約を頑張っているという女性は多いと思いますが、節約の中身をよく見てみると、「残念な節約」をしているケースが少なくありません。節約の仕方を間違えると、労力のわりに効果があまり得られなくなります。今回は、節約しているのになぜお金がたまらないのか、その原因と対策についてお話しします。

 小さな節約は得意だけど、大きな節約は苦手な人も

私のところには、「節約に励んでいるけれど、なかなかお金がたまらない……」という相談がよく寄せられます。相談者に節約の内容を聞いてみると、「電気代の節約のために、まめに電源コードを抜いている」「スーパーのチラシをチェックして、安売りをしているスーパーに買い物に行っている」「節水シャワーを利用して水道代を節約している」といった答えが返ってくることがしばしばです。

一方、日頃こんなに努力しているにもかかわらず、衝動的に大きな買い物をしてしまうといったこともよくあるようです。例えば、普段5000円のバッグを使っている人が、「ブランド品のバッグが欲しい!」と思い、10万円ものバッグをためらわずに買ってしまう。旅行の時くらいはぜいたくをしたいと、宿泊代や食事代、土産代などに一気にお金を使ってしまう。ストレスがたまっているからと、一晩で食事代に何万円も使って、友達とお酒を飲みながらグチを言い合う。そんな具合です。これでは、いくら節約に励んでいても、なかなかお金はたまりません。

日々の細かい節約はもちろん大切ですが、節約をするときには、毎月一定の金額がかかる固定費にメスを入れる方が効果的です。例えば、月々の生命保険料を6000円下げ、携帯電話の料金プランを5000円安くできれば、それだけで毎月1万1000円の節約ができ、年間では実に13万2000円もの節約になります。しかも、保険料も携帯電話料金も固定費なので、1度見直してしまえば、その後は何もしなくても節約効果が得られるところがメリット。日々50円安い食材を探すのに時間を費やすより、はるかに効率的です。

 女性の節約の定番・バーゲンセールの落とし穴

また、「無駄遣いはしていないのに、お金がたまらない」という女性に、自分なりの節約ポイントを聞いてみると、洋服やバッグ、靴などの服飾品を「バーゲン」や「ファミリーセール」で買っている人が少なくありません。

「服飾費を少しでも節約するために、バーゲンなどを利用しているのに、ちっともお金がたまらない」という事態に陥っているわけです。「バーゲン」や「期間限定お買い得セール」のフレーズを見ると、「お得なんだから買わなきゃ損」とばかりに、あれもこれもと手を出してしまいがち。家に帰って冷静になると、同じような洋服が何枚もある、手持ちの洋服に合わないといったことに気づいて結局、クローゼットの肥やしになってしまうケースも多いのではないでしょうか。

写真はイメージ

食料品や雑貨品などのセールでお得とばかりに、まとめ買いをする人もよく見かけます。しかし、たくさん買い過ぎて消費期限までに消費できなかったり、他の商品がよくなってしまって、使い切る前に新しい物を買ってしまったりということもあるはずです。

セール品を目の前にしたときに、まず考えていただきたいのが、「正規の値段でも買うかどうか」です。正規の値段だったら買わないという物は、「そもそも必要のない物」の可能性大。本当に必要な物であれば、多少割高であっても「必要な物だから仕方がない」と割り切って買う人がほとんどだと思います。

「正規の値段なら買わないけど、安いから」という動機で買った物を思い返してみると、「買ったのはいいけど、ほとんど使っていない」となっている場合が多いもの。正規の値段でも買うか買わないかを判断軸にすると、無駄遣いが防げます。

目先の節約に集中するあまり、自己投資を怠りがちに

さらに、目先の節約のために、趣味や習い事、スキルアップのための勉強などをやめてしまう人も多いのですが、これはとても残念な節約と言えます。

例えば、節約のため、健康維持のために通っていたヨガ教室をやめてしまったとします。教室の月謝は1万円程度。もしも、ヨガをやめて、体調を崩してしまい、会社を半年間、休むことになった場合、月謝の損失どころではありませんね。また、資格取得のためのお金を目先の節約でけちってしまったがために、将来の昇進・昇級のチャンスを逃してしまうかもしれません。

日々の細かい節約もバーゲンセールでの買い物も、節約しているわりに成果が出ないのは、目先の損得に踊らされている節約が多いということです。頑張っているわりに成果が出ないので、疲弊してしまい、行く末には、心身の健康もお金も失って、つらい人生が待ち受けているかもしれません。

節約しているのにお金がたまらない人は、長期的な視点に立ち、「効果的な節約とは何か」を考えてみましょう。そうすると、おのずと正しい節約がわかってくることでしょう。

高山一恵さん
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「ゼロから始めて2時間で一生困らないマネープランができる本」(彩図社)など。