ちゃんとチェックしてる? 知っておきたい給与明細の見方

始めよう!お金のレッスン

写真はイメージ

給料の受け取りとともに会社からもらっている「給与明細」。毎月ちゃんと確認しているという人は、意外に少ないのではないでしょうか。給与明細には、私たちが家計管理や貯蓄をしていく上での重要な「お金の情報」が載っています。そこで今回は、給与明細の見方についてご説明します。

給与明細のイメージ

給与明細は、大きく「勤怠」「支給」「控除」の3つの項目に分かれています。「勤怠」は、実際の労働の実績、「支給」は、もらえる給料の明細、「控除」は、給料から差し引かれるお金の明細です。

「残業時間」「休日労働時間」きちんと確認を

まずは、「勤怠」項目から見てみましょう。勤怠項目には、「出勤日数」や「労働時間」、「残業時間」、「休日労働時間」、「有給休暇」などが記載されています。

勤怠項目では、実際に出勤した日数が合っているかどうかや、有給休暇を取得した場合に有休の欄にきちんと記載されているかどうかを確認しましょう。さらに、残業や休日出勤をした場合、残業時間や休日労働時間もきちんと記載されているか、自分が申請した時間と合っているかどうかも確認しましょう。

自分が申請したのと違っている場合は、会社側のミスの可能性もあるので、給与計算の担当者にしっかり確認を。せっかく残業や休日出勤をしたのに、その分の手当がもらえないといったことにならないように気をつけましょう。

手当の計算方法を把握しておく

支給項目には、基本給に加えて、交通費や残業手当などの各種手当が記載されています。これらの金額を全て足した金額が記載されているのが「総支給額(額面金額)」です。いわゆる「月収」とか「年収」というのは、この額面金額のことを指します。

支給項目で気をつけたいのは、手当の金額が合っているかどうかです。これまで数多くのマネー相談にのってきましたが、相談者の給与明細を確認していると、手当の金額が間違っているケースが少なくありませんでした。間違いを見つけられるためには、自分でも残業手当や休日手当の計算方法などをきちんと把握しておくことが大切です。

実際に私たちの口座に振り込まれるお金は、社会保険料や税金などが差し引かれた「差引支給額」です。これを一般的に「手取り金額」といいます。家計は、この手取り金額でやりくりするのが基本です。

写真はイメージ

給与から差し引かれるお金を記載「控除項目」

最後に、給与から差し引かれるお金を確認しましょう。

【社会保険料】
社会保険料として差し引かれているのは、基本的に「厚生年金保険料」、「健康保険料」、「雇用保険料」の3つ。40歳以上になると、これに「介護保険料」が加わります。厚生年金保険料と健康保険料は、標準報酬月額にそれぞれの保険料率を掛けて求められます。

標準報酬月額は、毎年4月~6月に支給された給料の総額を1か月当たり平均にしたものを基に決定されます。ですから、この3か月間に残業などをたくさんして、給料が増えると、厚生年金も健康保険も保険料が高くなる可能性があるということです。もっとも、保険料を多く支払うということはそれだけ、将来の年金を受け取る金額に反映されるということでもあります。

そして、この標準報酬月額に、厚生年金保険なら18.3%の保険料率を、健康保険なら9.87%(40歳未満)の保険料率を掛けた金額を、会社と折半して支払います。つまり、実際の負担金額は半額で済んでいるということです(各保険料率は2021年3月現在)

ちなみに、雇用保険は、毎月の支給合計額(額面金額)に対して0.%の保険料率を掛けた金額のうち、会社が0.%、社員が0.%負担することになっています(21年3月現在)

【所得税・住民税】
社会保険料に加えて、「所得税」、「住民税」が差し引かれています。注意したいのは、所得税と住民税は、課税金額が決まる時期が違うということです。

所得税は、給料からおおまかな金額を先払いすることになっています。過不足があった場合には、年末調整で正しい金額に調整してもらいます。

これに対して住民税は、後払いになっています。年末調整ではっきりした所得をもとに、各市町村が住民税額を確定して、翌年にお金を納めます。もし退職したら、収入がない状態で前年分の住民税を支払わなくてはいけません。住民税はタイムラグに気をつけましょう。

社会保険料や税金のほかにも、人によっては、労働組合の組合費や会社で加入した団体保険料が差し引かれていたり、給与天引きの貯蓄として、社内預金や財形貯蓄が差し引かれていたりします。

お給料明細はとっておいて、前年のものと見比べてみると、給料は変わっていないのに、項目によっては金額が増えたり減ったりと、変化に気づくことができます。自分のお金を正しく管理し、家計を上手にやりくりしていくためにも、給与明細の項目を一つ一つ確認する習慣をつけておきましょう。

高山一恵さん
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「ゼロから始めて2時間で一生困らないマネープランができる本」(彩図社)など。