資産を増やしたいけど減らしたくもない人のための債券投資とは

始めよう!お金のレッスン

天秤にかけている女性
写真はイメージです

現在の大手都市銀行の普通預金の金利は0.001%と、超がつくほどの低金利。ですから、普通預金だけにお金を預けていても、なかなかお金は増えません。とはいえ、失敗すれば資産が大きく減ってしまう投資には抵抗があるという人も少なくないでしょう。そこで今回は、手堅くお金を増やしたい人向けの債券投資についてお話しします。

そもそも債券とは

国や自治体、企業などは、事業を拡大したり、新たなサービスを生み出したりするために多額のお金を必要とします。そのお金を集めるために発行するのが「債券」です。簡単にいうと、国や自治体、企業などがお金を借りたいときに発行する「借用証書」のようなものです。

私たちが債券を買うと、発行した国・自治体・企業にお金を貸したのと同じような状態になります。私たちがお金を借りたら、返済期限までにいくらかの利息をつけて返しますよね。それと同様に、債券を持っている間、あらかじめ決められた利息が受け取れ、満期(返済期限)が来たら、貸したお金(額面金額)が戻ってきます。

つまり、基本的に債券は、満期まで持っていれば、元本に加えて利息が受け取れるので、手堅くお金を増やしたい人に向いていると言えるでしょう。

個人向け国債・個人向け社債とは

債券の中でも、国が発行する債券を「国債」といいます。個人向け国債は、国が個人でも買いやすいようにして発行している債券です。

個人向け国債を購入すると、半年に1度、国から利子が受け取れます。そして満期になると、購入したお金が戻ってきます(これを償還といいます)。最低1万円から購入できるので、初心者でもトライしやすいでしょう。

個人向け国債には、満期までの期間が異なる「変動10年」「固定5年」「固定3年」の3種類があります。変動10年は、金利が半年ごとに見直されるものです。それに対し、固定5年と固定3年は、購入時の金利が満期まで続きます。

個人向け国債のメリットは、元本割れの心配がなく、最低金利が保証されることです。購入1年後から換金できますが、元本割れはしない設計になっています。また、最低金利は0.05%(税引き前)で、大手都市銀行の預金よりも有利です。今後の金利上昇を期待するなら、「変動10年」を選ぶとよいでしょう。ボーナスの貯蓄部分など、しばらく使わずにためておきたいお金の預け先として有用です。

個人向け社債は、企業が個人投資家に向けて発行する債券の一つ(社債)です。個人向け国債の企業バージョンだと考えれば理解しやすいでしょう。この社債を買うと、定期的に利子がもらえるうえ、満期になったら償還されてお金が返ってきます。

少しずつお金を増やすイメージ
写真はイメージです

個人向け社債の魅力は、個人向け国債よりも高い金利が期待できることです。たとえば、SBIホールディングスが2020年4月に発行したSBI債(第40回SBI債・満期2年)の場合、年利は0.60%(税引き前)。100万円分を買えば、2年後の元本と金利の合計金額は101万1980円になります。投資家からの人気が高く、申し込みが殺到するようです。

ただし、社債を購入する場合、気をつけなければならないことがあります。発行する企業が万が一、倒産したら、元本が戻ってこない可能性もあること。ですから、購入前には、その企業の業績が安定しているか、成長しそうかを確認する必要があります。

個人向け社債には多くの場合、格付け機関による格付けが公表されています。格付けは、元本や利子が返ってくるかどうかの信用度を表すものです。格付けが高ければ絶対安全、というわけではありませんが、投資の参考になるでしょう。

少しリスクをとってもOKなら米国債も選択肢に

国債を発行しているのは、日本だけではありません。国債は世界中のさまざまな国で発行されています。日本にいながら他国の国債を買うこともできます。その中で、もっともメジャーなのはやはり、世界の経済の中心・アメリカの国債(米国債)でしょう。

米国債は、アメリカ合衆国が発行する債券です。日本の国債や社債と同様、買うと定期的に利息が得られ、満期になると購入したお金が返ってきます。アメリカという国家が破綻することは考えにくいでしょう。国債の格付けも非常に高くなっています。それにもかかわらず、1%を超える金利が受け取れることもあるのです。新しく売りに出される国債(新発債)だけでなく、すでに売りに出されている国債(既発債)も活発に売買されています。

ただし、米国債には為替変動リスクがあります。米国債の場合、ドルでやり取りしますので、購入時よりも円高になれば利益が減ってしまうことになります。もっとも、逆に購入時よりも円安になれば利益が増えますので、必ずしも悪いことばかりではありません。ただ、相応のリスクがあることは押さえておきましょう。

高山一恵さん
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「ゼロから始めて2時間で一生困らないマネープランができる本」(彩図社)など。