「冬将軍」の由来に関係する実在の人物は誰?

言葉レッスン〈20〉

【1】坂上田村麻呂

【2】ナポレオン

【3】武田信玄

【4】チンギス・ハーン

 

冬の厳しい寒さを擬人化していう「冬将軍」。とくに冬に周期的に南下する北極気団(シベリア寒気団)を指します。その由来はフランス皇帝ナポレオンのロシア遠征から。1812年、ナポレオンは英国との通商を禁じる「大陸封鎖」に違反したロシアに対し、懲罰として遠征を敢行。9月半ばにモスクワ入城を果たすものの、訪れの早かった冬の寒さと穀物など必要なものを焼き払うロシア側の焦土戦術などで退却を余儀なくされます。ナポレオン軍は、寒さの前に多くの兵を失ってしまいました。この史実を英国の新聞が「General Frost(霜将軍)に敗れた」と報道、のちに日本で「冬将軍」と訳されたといわれています。

 

正解は【2】ナポレオン

(読売新聞「校閲道場」より)

「言葉レッスン」は、社会人として知っておきたい正しい言葉の使い方や表現方法を、クイズ形式で手軽に学ぶコーナーです。

あわせて読みたい