キャッシュレス化が2021年も加速しそう!決済はどれがいい?

始めよう!お金のレッスン

キャッシュレス決済は身近なものに
写真はイメージです

ここ数年、急激にキャッシュレス化が進んでいますが、2021年もキャッシュレス化は加速しそうです。そこで今回は、快適なキャッシュレス生活を送るために、キャッシュレス決済のお得な使い方についてお話しします。

キャッシュレス決済を選ぶ三つのポイント

ひとくちにキャッシュレス決済と言っても、様々な種類があります。選択するポイントは、大きく分けて以下の三つです。

<1> 使えるお店が多いかどうか
<2> 自分の生活圏で使えるかどうか
<3> 普段からためているポイントと相性が良いかどうか

キャッシュレス決済を導入するメリットは、現金を持ち歩かずに手軽に買い物ができることと、ポイントの還元が受けられることです。ですから、そもそもポイントをためても使えるお店が少なければ意味がありません。使えるお店が多いほど、単純に利便性は高まります。また、特に自分の生活圏で使えないと不便なので、自分がよく行くお店やよく利用するサービスで使えるかどうかも確認しましょう。

QRコード決済と相性の良い組み合わせは?

イラストは、現金・電子マネー・クレジットカードのどれを選びますかキャッシュレス決済は、「QRコード決済」「電子マネー」「クレジットカード」の大きく三つに分類されます。

今回は、最近普及が進んでいる代表的なQRコード決済を、相性の良い組み合わせとともにご紹介します。ただし、サービス内容は随時変わるので、実際に利用するときには、サービスを提供する会社のホームページなどで確認するようにしてください。

<1> LINE Pay ×Visa LINE Payクレジットカード

LINE Payは、LINEやLINE関連サービスをよく利用している人にオススメ。様々なジャンルの主要なお店で、まんべんなく利用できます。また、オンライン決済や公共料金の支払いに対応しているため、ZOZOタウンなどのオンラインショッピングを利用する人や公共料金を支払いたい人には便利でしょう。他のLINEのサービスなどでためたポイントを支払い時に利用することもできます。

「Visa LINE Pay」は、LINEに唯一登録できるクレジットカード。Visa LINE Payを利用すると、事前チャージなしでLINE Payを利用できます。Visa LINE Payの還元率は、初年度は3.0%。期間は21年4月30日まで。通常のクレジットカードのポイント還元率は、0.5%なので、高還元率となっています。初年度を過ぎると、還元率は利用状況に応じて1.0%~3.0%となります。

<2> PayPay×Yahoo!JAPANカード

PayPayは、スマホユーザーでとりあえずスマホ決済を始めたい人にオススメです。利用可能な店舗数が多く、チェーン店はもちろんですが、個人経営の商店でもPayPayだけは使えるというところをよく見かけます。

「Yahoo!JAPANカード」は、PayPayに唯一登録できるクレジットカード。PayPayを日常使いにし、クレカを決済元にしたい場合は、「Yahoo!JAPANカード」を設定すると良いでしょう。PayPayの基本還元率は0.5%ですが、使い方次第で基本還元率がリアル店舗で最大1.5%、Yahoo!関連のオンライン決済で最大2.0%になります。PayPayは、PayPayモールも利用可能で、Yahoo!JAPANカード利用者は優遇されています。

<3> 楽天ペイ×楽天カード

楽天ペイは、楽天市場をはじめとする楽天の各サービスをよく使う人にオススメ。他の楽天のサービスでためた楽天ポイントを店舗で使えるため、楽天経済圏を活用している人には使い勝手が良いでしょう。

楽天ペイの支払い元に楽天カードを設定すると、楽天ポイントがたまりやすくなります。楽天カードのクレジットカード払いで1.0%、楽天カードからのチャージで1.5%受け取れます。また楽天ペイに搭載されている楽天ポイントカードの機能を使って対象店舗でポイントをためることが可能。例えば、楽天ポイントカード提示で100円(税込み)につき、1ポイントたまるお店で、5000円の買い物をした場合、現金での支払いは0ポイント、楽天ポイントカードの提示で50ポイント、さらに、楽天カードを設定済みの楽天ペイで支払うと50ポイント付与されます。

ストア別お得なキャッシュレス決済は?

また、30代働き女子なら、コンビニエンスストアやファストフード、ドラッグストアなどをよく利用するという人は少なくないことでしょう。一番お得なキャッシュレス決済は、ストア別に異なります。

例えば、コンビニでは、「セブン-イレブン」「ローソン」「ファミリーマート」の3大チェーンのすべてでポイントが5倍になる「三井住友カード」がお得です。

また、ファストフードでは、「マクドナルド」がコンビニ3社と同様、三井住友カードでポイント5倍に。「モスバーガー」では、独自のプリペイドカード「モスカード」がお得です。
「リクルートカード」からのチャージで、ポイント還元率が2.2%になるほか、毎月25日~29日は還元率がさらにプラス3%になります。

他にも、ドラッグストアでは、「マツモトキヨシ」が「dカード」と連携しており、dカードを利用することでポイント還元率が4%に。さらに、マツキヨ独自の「マツキヨポイント」が1%加わり、合計5%の高還元率になります。

キャッシュレス決済は今後ますます浸透していく傾向にあります。今回は、現時点でのお得なキャッシュレス決済の方法をご紹介しました。情報をアップデートしつつ、お得にキャッシュレス生活を送りましょう。

高山一恵さん
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「ゼロから始めて2時間で一生困らないマネープランができる本」(彩図社)など。

高山一恵さんと株式会社Money&You代表取締役でマネーコンサルタント頼藤太希さんの共著はじめてのNISA&iDECO」(成美堂)が出版されました。マンガと図解を駆使して、これから資産運用を始める人にわかりやすく解説しています。