年収で異なる シングル女子のお金のため方・増やし方

始めよう!お金のレッスン

写真はイメージです

「お金をためたい、増やしたい」という人は少なくないと思いますが、年収や家族構成が違えば、何を優先的にやるべきか、どこに注意して家計管理をするべきか、その方法も違います。今回は、シングル女子の方に向けて、年収300万円、400万円、500万円と年収別に、お金のため方、増やし方のコツをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

年収300万円の人は、支出にメリハリをつけて予算化を

年収300万円というと、ボーナスを考慮しなければ、毎月の手取り収入は20万円程度。シングルで一人暮らしをしている場合には、生活にゆとりが持てないでしょう。

年収300万円の人が家計管理をする上で大切なポイントは、「予算管理」をしっかり行うこと。家計のそれぞれの項目で「予算化」し、予算の範囲内で暮らすことを心がけることが大切です。そして、予算化するときには、自分が優先して使いたいと思う項目は予算を多めにし、減らしても支障のない項目は思い切り減らすなど、メリハリをつけることが重要です。

気をつけたいのが、1回ずつの支出が意外と大きい「臨時支出」。臨時支出には、冠婚葬祭や家賃の更新、電化製品の買い替えなどにかかる費用があります。家計に余裕がない状況だと、こうした臨時支出が発生した場合には、すぐに家計が赤字になってしまいます。臨時支出についても1年分の臨時支出代を書き出してみて、それを12か月で割り、毎月の家計の中に予算として組み込んでおくとよいでしょう。

また、手取り収入が少ないと、なかなか貯蓄できる余裕がないと思いますが、少ない収入だから貯蓄しなくてもいいかというと、そういうわけにもいきません。病気やケガで働けなくなったり、急にリストラに遭ったりするかもしれません。仮に順風満帆だとしても、人生を生きていくためには何かとお金がかかります。当面の貯蓄として準備したい金額の目安は、生活費の6か月分~1年分程度。手取り収入が20万円の人だと、最低でも120万円の貯蓄はほしいところです。

ただし、生活費の口座に貯蓄してしまうと、きちんと貯蓄ができているか把握できないので、
銀行口座を「生活費用口座」と「貯蓄用口座」に分けましょう。生活費用口座と貯蓄用口座を分けることで、貯蓄用口座の金額は目減りせずに、少しずつでも増えていくので、お金がたまっていることが実感でき、モチベーションを維持できるでしょう。

年収400万円の人は固定費が高めになる傾向に

国税庁の民間給与実態統計調査によると、現在の会社員の平均年収は441万円程度(2018年度)とのこと。平均年収400万円というと、ボーナスを考慮しなければ、毎月の手取り収入は25万円程度。年収300万円の人に比べると、毎月の手取りで5万円増えるイメージです。

年収400万円の人は、年収300万円の人に比べて少し余裕がある分、家計に占める「固定費」の割合が高くなる傾向にあります。ですから、年収400万円の人が家計のバランスを保つためには、固定費を削減することが大切です。

固定費とは、毎月あるいは毎年、一定額かかる費用のこと。例えば、月々の家賃や住宅ローン、生命保険料、習い事代、スマートフォンやインターネットの通信費などを指します。節約というと、食費や日用品の費用からメスを入れる人が多いと思いますが、節約効果が高いのは、固定費の節約です。というのも、固定費は1度見直してしまえば、その後は何もしなくても節約効果が得られ、何よりうれしいのが、まとまった金額を減らせるからです。例えば、月々の生命保険料を5000円下げ、スマホの料金プランを6000円安くできれば、それだけで毎月1万1000円の節約になります。年間では実に、13万2000円も節約できるのです。

年収400万円の人は年収300万円の人に比べ少し余裕がでてくるので、貯蓄についても、「先取り貯蓄」でしっかりためる習慣をつけたいもの。先取り貯蓄とは、お給料を手にしたら、まず、貯蓄分を取り分けるという方法です。人間は心が弱いので、余ったら貯蓄しようというのでは、「今月は飲み会が多かったから、貯蓄しなくていいや」という具合に考えてしまい、なかなか貯蓄することはできません。

ですから、財形貯蓄、積立定期預金など、毎月の指定日に指定した額を給与や銀行口座から自動的に引いて積み立てをしてくれる制度を活用するとよいでしょう。貯蓄額は、毎月の手取り収入の2割を目安にしたいところ。この仕組みに従い、収入の2割を5年間ためていくと、自分の年収分の貯蓄ができます。

年収500万円の人は意外に無駄遣いが多い!?

年収500万円というと、ボーナスを考慮しなければ、毎月の手取り収入は30万円程度。年収300万円、400万円の人に比べると、余暇に趣味を楽しむ余裕が出てきそうですね。ただし、このゆとりが無駄遣いをしてしまう原因にもなるのです。さらに、無駄な買い物をしたり、自炊はほとんどせずに外食ばかりだったりで、気がつけばお金がたまっていない……といったケースも少なくないようです。

無駄遣いを防ぐには、何にどれだけ使ったのかを「見える化」することが大切です。家計簿をつけて、自分が何にお金を使っているのか、お金の使いみちを把握しましょう。1か月も家計簿をつけていれば、自分のお金の使い方のクセがわかるはずです。イマドキは、便利な「家計簿アプリ」がたくさん出ています。買ったものをひとつひとつ入力しなくても、スマホのカメラでレシートを撮影すれば、買った品物や金額、お店まで読み取ってくれます。家計の状況は、棒グラフや円グラフで表示され、支出を分析することが可能なので、節約ポイントが簡単にわかります。

写真はイメージです

年収500万円の人は、年収300万円、400万円の人と比べると、貯蓄する余裕があるので、適正に家計管理ができれば、毎月それなりに貯蓄できます。ですから、貯蓄は預貯金だけでなく、一部を投資信託(つみたてNISAやiDeCoなど)や株式、外貨などの投資商品に預け、積極的に増やしていくことを考えましょう。

仮に、毎月3万円を投資信託で30年間積み立て、その間3%の利回りで運用できたとしたら、積立元本1080万円に対し、30年後には約1750万円になります。もちろん、元本割れの可能性もありますが、運用がうまくいけば、預貯金にお金を預けているよりもはるかにお金を増やすことができます。

 

高山一恵
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)など。 

高山一恵さんと株式会社Money&You代表取締役でマネーコンサルタント頼藤太希さんの共著「ゼロから始めて2時間で一生困らないマネープランができる本」(彩図社)が出版されました。先行き不透明な中でも自分の人生を楽しむために必要な“お金の知識と計画”、自分だけのマネープランを立てるコツを紹介しています。お金の「見える化」、貯め上手になるテクニック、資産運用の基本など、盛りだくさん。税別1300円、全207ページです。

※楽天ブックスにリンクします