「半沢直樹」の中野渡頭取…なぜ銀行は「社長」じゃないの?

言葉レッスン〈5〉

銀行のトップを頭取と言いますが、「頭取」の由来は?

【1】音頭取り(おんどとり)が変化したもの

【2】棟梁(とうりょう)が頭取に変化したも

【3】両替商が藩の財政を牛耳っていたことから

【4】競争に勝ってトップの地位を獲得することから

頭取は雅楽に由来すると言われています。

雅楽には、管楽器、弦楽器、打楽器がありますが、江戸時代にこれらの3楽器を演奏する人たちをまとめる立場にある人のことを音頭取り(おんどとり)と言いました。この「おんどとり」が「頭取(とうどり)」と呼ばれるように。転じて、一般に頭(かしら)に立つ人という意味で使われたそうです。

1869年(明治2年)に銀行の前身である為替会社ができたとき、出資者の代表が頭取と呼ばれ、その3年後に制定された国立銀行条例に基づいて、銀行のトップの肩書として頭取を採用するようになりました。

現在、頭取は法的に定められた呼称ではないので、一般企業と同様に「社長」とする銀行もあります。

正解は【1】音頭取りが変化したもの

(読売新聞「校閲道場」より)

 「言葉レッスン」は、社会人として知っておきたい正しい言葉の使い方や表現方法を、クイズ形式で手軽に学ぶコーナーです。

あわせて読みたい