有事の時は…1000円から始める「純金積立」で金投資デビュー

始めよう!お金のレッスン

写真はイメージです

長引くコロナ禍の影響で、お給料が減ってしまい、生活費の補てんにと、「金」を売る人が増えているようです。というのも、昔から「有事の時の金」と言われ、世界経済が不安定になると、資産の逃避先として金が買われるので、その結果、金価格が値上がりするからです。そこで今回は、初心者におすすめの「純金積立」についてお話しします。

新型コロナで金価格が高騰!

世界中で新型コロナウイルスが猛威をふるう中、資産の避難先として「金」に注目が集まっています。8月7日には、過去最高の1グラム当たり7769円の高値をつけました。

昔から有事の時には「金」に注目が集まりますが、なぜ、そうなのでしょうか。株式や債券は、発行体が倒産してしまった場合に価値がゼロになってしまうかもしれませんが、実物資産である金は、価格が下がることはあっても価値がゼロになることはないからです。

また、倒産まではないにしても、株式などは、世界経済が混乱するような出来事が起こると、価格が大暴落するので、資産の大半を株式で持っていると、大きな打撃を被ることもあります。

写真はイメージです

さらに、金は世界中どこにいっても取引できるのがメリットです。お金持ちは、世界経済が危機になると、金やプラチナなどの実物に資産をシフトさせる傾向にあるよう。それだけ、有事の時には「金」が頼りになるということですね。

とはいえ、金のメリットはわかったけれど、いきなり投資となると尻込みしてしまう……という人も多いはず。そこで、今回ご紹介するのが、初心者におすすめの金投資です。

自動引き落としで初心者にオススメ

ひと言で金投資といっても、金に投資する方法は、<1>ゴールドバー(棒状の地金)<2>地金型金貨<3>金に投資しているETF(上場投資信託)・投資信託<4>純金積立――の4つがあります。

この中で、初心者にオススメなのが「純金積立」です。純金積立は、取扱業者と契約を結び、毎月一定額を積み立てながら、金の現物に継続的に投資していく仕組みの商品のこと。

純金積立は、「田中貴金属工業」や「三菱マテリアル」などの貴金属商、「SBI証券」「楽天証券」「マネックス証券」のネット証券で始めることができます。

田中貴金属工業・三菱マテリアルでは3000円から、SBI証券・楽天証券・マネックス証券では1000円から積み立てることができ、毎月指定の口座から自動的に定額が引き落とされます。貯蓄が苦手という人でも、自動引き落としなら、手間なく簡単に純金を積み立てることができます。

毎月自動的に引き落としになることに加えて、純金を毎月積み立てることのメリットは、「ドル・コスト平均法」が活用できることです。

純金積立は、毎月1000円なら1000円分を買い付けていきます。購入額が一定なので、金の市場価格が高い時には、買い付け数量が少なく、市場価格が低い時には、買い付け数量が多くなります。一般に、この投資法のことを「ドル・コスト平均法」といい、平均購入単価を下げる効果があります。

毎月一定額分の純金を積み立てる以外に、「今、金の価格が下がっているから買い増ししたい」「臨時収入が入ったから買い増ししたい」という場合もあるでしょう。その際には、積立日でなくても自由に買い増すことができます。これを「スポット購入」といいます。スポット購入を活用することで、積極的な運用も可能です。

ただし、純金積立は、業者によってコストやサービスの内容は様々なので、注意が必要です。

純金積立では、年会費や買い付け手数料などのコストがかかります。年会費は業者に支払う管理費のようなものですが、業者によって無料から数千円程度とかなりの差があります。また、保管料もかかるケースがあります。

買い付け手数料は、購入金額に応じて数%かかります。これは、購入のたびにかかるので、積み重なると負担が重くなります。総じて、ネット証券がコストは低いようです。始める前にコストは必ずチェックするようにしましょう。

実物の金やジュエリーに交換も

純金積立を継続していくと、まとまったグラム数になってくると思いますが、売却して現金化するほかに、金の現物に交換したり、ジュエリーに交換したりすることもできます。

例えば、田中貴金属工業では、地金やコインなどの現物の引き出しや、直営店「ギンザタナカ」のジュエリー、工芸品との等価交換も可能です。コツコツ金を積み立てて、憧れのジュエリーと交換というのもすてきですね!

三菱マテリアル、SBI証券、マネックス証券では、保有数量が一定になったら、実物の金に交換することができます。

純金積立も、金相場の動向によっては元本割れするリスクのある投資商品であることは忘れてはなりませんが、コロナの影響が長引くと予想される今、資産の一部を金で持っておくにはよい機会かもしれません。

高山一恵
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)など。