現金のように家計管理できるデビットカードとは

始めよう!お金のレッスン

写真はイメージです

最近は、買い物の支払いにキャッシュレス決済を利用する人が増えてきました。現金を持たずに、気軽に買い物ができることに加えて、ポイントもたまるので、キャッシュレス決済を利用する働き女子は今後ますます増えそうですが、一方で、現金での支払いと違い、つい使い過ぎてしまうという悩みを抱えている人も多いようです。そこで今回は、キャッシュレス決済の中でも現金感覚で利用できるデビットカードについてお話しします。

デビットカードとは

デビットカードとは、クレジットカードのように後払いではなく、買い物の支払いと同時に金融機関の口座から代金が引き落とされるカードのことをいいます。デビットカードは、買い物のときに口座にお金がないと使うことができない「即時払い」と呼ばれる仕組みになっています。そのため、使い過ぎを防止できるのがメリットです。また、基本的に入会審査も不要。一般的には15歳以上(中学生を除く)から発行できるので、クレジットカードを作れない学生でも手軽に作ることができます。さらに、海外旅行の際にも旅行先のATMから現地通貨を引き出すこともできます。

とても便利なデビットカードですが、大きく分けて2種類あります。ひとつは、「J-Debit」(ジェイデビット)です。J-Debitは、金融機関のキャッシュカードを使って、全国の加盟店で支払う仕組みです。ですから、新たにデビットカードを作る必要はなく、入会金や年会費もかかりません。

もうひとつは、クレジットカードの国際ブランドと提携しているデビットカードです。JCBやVISAなどの国際ブランドがデビットカードを発行しています。国際ブランドと提携しているデビットカードを利用する場合には、新しいカードを発行してもらう必要があります。年会費や手数料がかかることはありますが、その分、利用額に応じてポイントやキャッシュバックがあるなどサービスが充実しています。また、加盟店ならば世界中どこでも使えてオンライン決済にも対応しています。海外旅行に行った際は、デビットカードに対応しているATMで現地の通貨を引き出すこともできます。

お金の使い過ぎを防げるだけでなく、ポイント還元も!

デビットカードで買い物をすると、上記で説明した通り、買い物の支払いと同時に金融機関の口座から代金が引き落とされます。

つまり、デビットカードは連携している銀行口座の残高以上に買い物をすることができないので、自分で使ってもいいと決めた金額だけを口座に入れておけば、使い過ぎる心配がありません。ですから、キャッシュレス決済で使い過ぎが気になるという人には特にオススメです。

また、デビットカードで買い物をすると、他のキャッシュレス決済同様、ポイントが付与されます。最近は、ポイントの還元率が高くてクレジットカードと見劣りしない高還元率のデビットカードもあり、お得度はアップしています。

さらに、VISAやJCBなど国際ブランドと提携しているデビットカードであれば、世界中の加盟店でクレジットカードと同じようにカード決済ができるので、海外での買い物や生活に困ることはありません。海外旅行などの際にも、現地のATMから現地通貨を引き出すことができるので便利です。

デビットカードを利用する上での注意点

写真はイメージです

使い勝手の良いデビットカードですが、注意点もあります。

デビットカードは、買い物をすると銀行口座から即時に代金が引き落としになるので、使い過ぎを防ぐという点ではメリットがありますが、その代わり、1回払いしかできません。大きな金額の買い物をする際に、クレジットの分割払いやリボ払いを利用するという人もいるかもしれませんが、デビットカードではNGです。

また、デビットカードを盗まれてしまったり、暗証番号を盗み見されてしまったりして、不正に使用されてしまうこともあります。スキミングなどで、カードの情報自体が盗まれたことに気がつかない場合は、被害額が大きくなることもあります。ただし、デビットカードによって金額や対応期間に違いはあるものの、不正利用に対する補償が付帯されています。また、カードを利用して購入した商品が補償期間内に破損したり、盗難に遭ったりした場合、補償限度額の範囲内で補償してくれるショッピング保険を付帯しているカードもありますので、事前に確認するようにしましょう。

高山一恵
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)など。