最大5000円分のポイント付与、 マイナポイント申し込み開始

始めよう!お金のレッスン

写真はイメージです

昨年10月の消費税増税と同時に導入されたキャッシュレス決済によるポイント還元が、6月末で終了しました。「えーっ、がっかりー」という声が聞こえてきそうですが、大丈夫。9月から、最大5000円分のポイントがもらえるマイナポイント事業がスタートします。それに先がけて7月1日から、マイナポイントの申し込み手続きが始まりました。今回は、お得なマイナポイントについてお話しします。

「マイナポイント」って何?

マイナポイントは、これまでのキャッシュレス決済の普及に加えて、マイナンバーカードの保有促進を目的とした国の事業です。キャッシュレス決済を通じて獲得できるポイントで、国から消費者に直接付与されるのではなく、PayPayなどのキャッシュレス事業者から消費者に付与されます。事業は9月からですが、申し込み手続きは7月1日にスタート。忘れずに申し込みたいところです。

どれくらいのポイントが付与されるのかというと、1人につき、キャッシュレスの支払いもしくはチャージに対して、その金額の25%分、最大5000円分のポイントが付与されるとのこと。2万円までの買い物やチャージで、最大5000円分が受け取れるということです。25%のポイント還元という機会はなかなかないので、これは私たち消費者にとっても大きな魅力ですね!

マイナポイントの申し込み手続きの流れ

マイナポイントを受け取るためには、マイナンバーカードを取得し、マイナポイントを予約する必要があります。では、マイナポイントの申し込み手続きの流れを見ていきましょう。

(1)マイナンバーカードを取得する

マイナンバーカードを取得するためには、通知カードと一緒に送られてきた「個人番号カード交付申請書」に必要事項を記載し、押印、顔写真を貼り付けて郵送で申請を行います。

郵送による申請のほかに、パソコンやスマートフォンからも申請することができます。

パソコンからの申請では、交付申請用ウェブサイトにアクセスして、申請書ID、メールアドレスのほか、生年月日などの必要な情報を入力します。

スマホからの申請では、スマホのカメラで交付申請書にあるQRコードを読み取り、交付申請用ウェブサイトにアクセスして、パソコンからの申請と同様、申請書ID、メールアドレス、生年月日などの必要な情報を入力します。パソコン、スマホのどちらから申請する場合も、顔写真の添付が必要になりますが、無地の背景で余白を作るなどの注意を払えば、スマホで撮影した写真でもOKです。

申請後、自治体から「交付通知書」が届きますので、自治体の窓口でマイナンバーカードを受け取りましょう。申請してからカードが交付されるまでには、約1か月かかります。

(2)マイナポイントを予約する

マイナンバーカードを取得したら、マイナポイントを予約します。自治体に出向いて予約することもできますが、パソコンやスマホからも予約できます。予約を完了するためには、「マイキーID」を設定する必要があります。マイキーIDを設定するには、専用のアプリ、ソフトのダウンロードが必要です。

パソコンの場合、「マイキーID作成・登録準備ソフト」をインストール。ICカードリーダライタを用意した上で、マイナンバーカードを読み取らせます。この時、マイナンバーカードの受け取り時に設定した4けたの暗証番号を入力すると、マイキーIDの設定が完了となります。

スマホの場合は、「マイナポイントアプリ」をインストールします。アプリにある「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」をクリックし、マイナンバーカードをスマホで読み取らせます。パソコン同様、カードの受け取り時に設定した4けたの暗証番号を入力すれば、マイキーIDの設定完了です。

これで、マイナポイントを予約したことになります。マイキーID、パスワードは忘れないようにメモしておきましょう。

(3)利用するキャッシュレス決済を決めて登録する

予約が済んだ人は、7月1日からマイナポイントの申し込みが可能になります。自分が利用するキャッシュレス決済を選んで登録し、申し込みます。クレジットカード、電子マネー、スマホ決済などの200社(6月21日現在)が登録されているので、その中から選びます。

予約者数が予算の上限に達した場合、締め切られる可能性も

2020年9月から21年3月までの間に、登録したキャッシュレス決済サービスを使って買い物の支払いやチャージを行うと、最大5000円のマイナポイントが付与されます。

ポイントが付与される時期やポイントの利用方法については、キャッシュレス決済サービスにより違いがありますので、確認するようにしましょう。

手間はかかりますが、とても魅力的なマイナポイント事業。何かとお金が入り用な働き女子の皆さんには、ぜひ利用してほしいです。

ただし、注意点として、20年度の国の事業予算が約2500億円となっており、予約者数が予算の上限に達した場合、予約が締め切られる可能性があります。マイナポイントの公式サイトにも明記されていますので、早めに手続きした方がよさそうです。

【あわせて読みたい】
高山一恵さんの連載「始めよう!お金のレッスン」
惰性で利用してない? サブスク選びはメリットとコスパに注目
イベントが中止に…チケット代を「寄付」して税金優遇を

高山一恵
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)など。