「忙しい」アピールでもっと忙しくなってしまうワケ

奥平亜美衣の逆転の引き寄せ(55)

自分探しの迷子は卒業! 本当にやりたいことが必ず見つかる。「引き寄せの法則」のスペシャリスト奥平亜美衣さんが、あなたらしく生きるためのメソッドをお届けします。

無心に仕事をする

いつもどんなふうに仕事をしていますか? 楽しくて時間を忘れてしまうような仕事も、ちょっと嫌だな、苦手だな、つらいなというような仕事もあるかもしれません。

大変だな、苦手だな、という仕事があったとしても、自分の頭の中を大変だ、苦手だ、つらい、ということでいっぱいにしてしまうと、ますます大変になってしまうだけ。「忙しい、忙しい」と思っていると、どんどん別の仕事を引き寄せてしまってさらに忙しくなったという経験はありませんか?

そこで、もし大変なときは、その思いから一歩離れるような感じで、無心になって淡々と仕事をしてみましょう。また、その仕事が終わった後のことに意識を飛ばしてみましょう。

つらい仕事を楽しくするのは大変ですが、何も感じていないという状態や別のことに意識を持っていくことはできるはずです。

【奥平亜美衣の逆転の引き寄せ】これまでの記事はこちら

奥平亜美衣(おくだいら・あみい)
作家

1977年生まれ、兵庫県出身。お茶の水女子大を卒業後、イギリス・ロンドンに約半年、インドネシア・バリに約4年滞在し、日本に帰国。貿易商社で働きながらワーママ生活を送っていた35歳の時に「引き寄せの法則」を知り、ブログの執筆を始める。1年で「引き寄せ」に関する書籍を出版、その後も次々とベストセラーに。主な著書に「『引き寄せ』の教科書」(Clover出版)、「人生は思い通り!マンガでわかる『引き寄せ』の法則」(永岡書店)など