つい忘れがちだから…当たり前のことに感謝する方法

奥平亜美衣の逆転の引き寄せ(29)

自分探しの迷子は卒業! 本当にやりたいことが必ず見つかる。「引き寄せの法則」のスペシャリスト奥平亜美衣さんが、あなたらしく生きるためのメソッドをお届けします。

散歩をしてみる

この時期、外出もままなりませんが、早朝の人の少ない時間帯などを見つけて、散歩をしてみましょう。「何も考えずにただ歩く」ということを淡々と続けると、今ここにある空気のすがすがしさ、光の暖かさ、体が動くことは当たり前ではないという、感謝などが感じられるようになっていきます。

悩み事は、今、目の前にはないこと。それにとらわれる時間を減らして、目の前にある心地よさや感謝を感じることで、それが現実に反映され、現実もどんどん心地よいものになっていきます。

【奥平亜美衣の逆転の引き寄せ】これまでの記事はこちら

奥平亜美衣(おくだいら・あみい)
作家

1977年生まれ、兵庫県出身。お茶の水女子大を卒業後、イギリス・ロンドンに約半年、インドネシア・バリに約4年滞在し、日本に帰国。貿易商社で働きながらワーママ生活を送っていた35歳の時に「引き寄せの法則」を知り、ブログの執筆を始める。1年で「引き寄せ」に関する書籍を出版、その後も次々とベストセラーに。主な著書に「『引き寄せ』の教科書」(Clover出版)、「人生は思い通り!マンガでわかる『引き寄せ』の法則」(永岡書店)など