「本当はやりたくない」のに…自分より相手を優先してしまう人の特徴

奥平亜美衣の逆転の引き寄せ(26)

自分探しの迷子は卒業! 本当にやりたいことが必ず見つかる。「引き寄せの法則」のスペシャリスト奥平亜美衣さんが、あなたらしく生きるためのメソッドをお届けします。

「やらなければいけない」をやめてみる

これまで人付き合いや仕事をする中で、自分の意思に反してやらなくてはいけなかった、というようなことがあったかもしれません。でもそれも実は全部、自分の選択です。自分の気持ちより、体裁や仕事やお金や人間関係を優先してきたのです。

その「自分の選択」を変えていきましょう。やりたくないことは選択しないようにしましょう。ただし、やりたくないことをやらない、というのは、無責任になることではなくて、「自分らしくないもの」をやめてみるということです。

あなたが「自分らしさ」を選択すると、自然とやらなければいけないこと、やりたくないことは周囲から減っていきます。

【奥平亜美衣の逆転の引き寄せ】これまでの記事はこちら

奥平亜美衣(おくだいら・あみい)
作家

1977年生まれ、兵庫県出身。お茶の水女子大を卒業後、イギリス・ロンドンに約半年、インドネシア・バリに約4年滞在し、日本に帰国。貿易商社で働きながらワーママ生活を送っていた35歳の時に「引き寄せの法則」を知り、ブログの執筆を始める。1年で「引き寄せ」に関する書籍を出版、その後も次々とベストセラーに。主な著書に「『引き寄せ』の教科書」(Clover出版)、「人生は思い通り!マンガでわかる『引き寄せ』の法則」(永岡書店)など