働く女性の強い味方、家計簿アプリでいつでもどこでも簡単に

始めよう!お金のレッスン

写真はイメージです

前回、お金をためるには、家計の支出を記録し、分析することが大切だとお話ししました。イマドキは、便利な家計簿アプリがたくさん出ているので、忙しいキャリア女性のみなさんはぜひ活用しましょう。

手間なく家計管理ができる家計簿アプリを活用しよう

家計簿アプリの主な特徴は、「ユーザー登録をして、パソコンやスマートフォンで使う」「現金の支出は、画面にて入力もしくはスマートフォンのカメラ機能を使ったレシート撮影で自動入力する」「金融機関の入出金や口座残高は、各金融機関とのインターネット取引契約のログイン情報を登録して自動収集する」「入力や自動収集したデータを基に自動計算して、家計の収支や資産残高を提示する」ことです。

この機能により、自分でわざわざ記録したり、手計算したりする手間が大幅に省けて、手軽に家計簿をつけられます。家計簿アプリといっても多くのアプリがありますが、上記に挙げた基本機能はどのアプリにも共通のもの。ただし、アプリごとに、機能の詳細は異なり、それぞれに特徴があります。今回は、使い勝手が良いと評判の家計簿アプリを二つご紹介します。

バランスよく家計管理したい人にオススメ:Zaim(ザイム)

現在、800万人が利用する日本最大級の家計簿アプリ「Zaim」。オーソドックスな画面とわかりやすい操作が好評です。日々の支出管理や分析、資産管理までできるバランスのとれた家計簿アプリです。

Zaimの大きな特徴は、買ったものを一つ一つ入力しなくても、スマホのカメラでレシートを撮影すれば、買った品物や金額、お店まで情報を読み取ってくれるところ。読み取り機能が優れていて、多少の誤字はありますが、ほぼ正確に読み取れます。家計の状況は棒グラフや円グラフで表示され、支出を分析することが可能なので、節約ポイントがわかります。

また、Zaimでは、支出の項目ごとに「カテゴリ」→「サブカテゴリ(内訳)」の2段階で設定できます。例えば、食費の中に、「カフェ」「スーパー」などと設定できるので、自分仕様にカスタマイズしやすいのが特徴です。

さらに、約1500もの銀行やクレジットカード会社などと連携し、入出金情報を自動的に取り込むこともできます。無料で無制限に連携できるのもうれしいところ。キャッシュレス時代には、クレジットカードや電子マネーで買い物する機会が多いと思いますが、バッチリ対応しているといえますね。また、自動で情報を取得してくれるので、わざわざ公式サイトにアクセスして、ウェブ明細を見ながら家計簿に転記する必要がなくなります。

独自サービスも魅力です。よく行くお店の特売情報が自動配信されたり、医療費控除の対象となる支出や居住地でもらえる給付金を検索できたりします。

お得情報を得ながら、バランスよく家計管理ができ、長く続けられるように工夫されている万人受けする家計簿アプリといえるでしょう。

Zaim(ザイム) https://zaim.net/

一歩進んだ家計・資産管理をしたい人にオススメ:マネーフォワードME

マネーフォワードMEは、日々の家計管理も資産管理もしっかりやりたいという人にオススメの家計簿アプリです。資産管理機能が充実していることから、ビジネスパーソンが多く利用しています。

マネーフォワードMEでも、他の家計簿アプリと同様にレシートの読み取り機能があり、日々の支出管理が手軽にできたり、棒グラフや円グラフで支出を分析できたりします。また、毎月の収入、支出の推移のグラフ化が可能。変化が一目でわかるので、家計の改善ポイントを把握しやすくなります。

また、日々の家計管理もそうですが、マネーフォワードMEの強みは、外部サービスとの連携数の多さです。銀行や証券会社をはじめ、クレジットカード、ポイントカード、電子マネー、年金、ネットショッピングなど、その数は約2600以上にも達します。不動産投資や仮想通貨なども管理することができ、資産運用に力を入れていきたいという人にも十分対応しています。

便利なのは、銀行口座やクレジットカード、電子マネーも一度登録してしまえば、自動的に情報を取得し、振り分けてくれるところ。複数口座を持っていると、口座ごとに確認する手間がありますが、登録している口座、サービスが一覧で見ることができるのは便利です。

さらに、マネーフォワードMEには、月額500円(税込み)を支払う「プレミアム会員」制度があります。無料版では、登録できるサービスの連携数は10までですが、プレミアム会員になれば、無制限でサービスを登録でき、すべての連携先の最新データを取得できます。

また、プレミアム会員になると、自分の属性に近い「理想の家計」と比較ができます。黒字の人の家計と自分の家計を比べることにより、支出の削減ポイントがわかります。他には、連携中のポイントカードやクレジットカードの有効期限を30日前にプッシュ通知してくれたり、連携中のクレジットカードの引き落とし金額に対して引き落とし口座の残高が足りない時にプッシュ通知してくれたりする機能もあります。

このように、ひとくちに家計簿アプリといってもそれぞれ特徴が違います。自分のライフスタイルなどに合わせて、使い勝手のよいものを選びましょう。

マネーフォワードME https://moneyforward.com/

セキュリティーは大丈夫?

とても便利な家計簿アプリですが、おそらく一番心配なのはセキュリティーの面でしょう。実際、セキュリティーへの不安から、利用者の中には、金融機関からのデータ自動収集機能(アカウントアグリゲーション)を使っていないという人も少なくないようです。

前述のマネーフォワードによると、利用者から預かるデータは、すべて暗号化したり、連携の際に取引暗証番号は不要だったり、データの送受信はすべて暗号化通信にしたりと、セキュリティーを第一に、金融機関と同レベルのセキュリティーシステムを構築し、運用しているとのこと。他のアプリ会社でもセキュリティーの強化は進んでおり、今後は、よりスムーズに金融機関と連携できる環境が整備されていく予定のようです。

セキュリティーが向上すれば、家計簿アプリの利用者はますます増えていきそうですね。

【あわせて読みたい】
高山一恵さんの連載「始めよう!お金のレッスン」
老後が不安、20〜30代シングル女性の目標額は?
お金をためている人に共通の習慣・考え方は?

高山一恵
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)など。