節約生活を始める前に、「支出」を記録・分析してみよう

始めよう!お金のレッスン

写真はイメージです

ファイナンシャルプランナーである私のところには、様々なお金の悩みを抱えた働く女性が大勢やってきます。中でも「無駄遣いしているつもりはないのに、お金がたまらないのですが……」という相談は少なくありません。一生懸命働いて、節約生活をしているのに、月末になると、たいしてお金が残っていないというわけです。

収入が低いからお金がたまらない?

この手の相談にやってくる人たちに「では、どうしたらお金がたまると思いますか?」と聞くと、多くの人は「お給料が上がれば、お金をためられると思う」と答えます。果たしてそうなのでしょうか?

例えば、来月からお給料が手取りで3万円増えるとします。その3万円を「すべて貯蓄に回せる!」と胸を張って言える人は、どのくらいいるでしょうか? 「3万円も手取りが増えたのだから、前から気になっていた洋服、買ってしまおうかな」「雑誌で話題になっていたレストランに行ってしまおうかな」と結局、給料のアップ分をすべて使ってしまった……というのはよくあるケース。これは、「パーキンソンの法則」としても知られていて、「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」のだそうです。

写真はイメージです

もちろん、これからの時代、お給料が増えるように自分をブラッシュアップしていく努力は必要ですが、必ずしも収入が増えたからといって、「たまる人」にはならないということです。

お金をためるには、「支出」の分析が重要

つまり、お金をためるというと、多くの人は、「収入」に意識を向けがちですが、実はお金がたまっている人は、「支出」に意識が向いています。

お金がたまる人に「毎月、何にいくらくらいお金を使っていますか?」と聞くと、「食費に5万円、公共料金に1万円、外食に2万円……」という具合に、何にいくら使ったのかスラスラでてきます。一方、お金がたまらない人に同じ質問をすると「うーん……。何にどれだけ使っているんだろう……」と考えこんでしまうのです。
そこで、お金をためるためにはまず、家計の「支出」を記録し、分析することが大切です。支出の記録と聞くと、多くの人が「家計簿」を想像することでしょう。確かに家計を管理するときに、家計簿を活用すると便利なのですが、働く女性の場合、「仕事が忙しくて家計簿をつけている暇なんてない!」という方も少なくないことでしょう。

そこでオススメなのが、いつでもどこでも簡単にできる「家計簿アプリ」を活用すること。イマドキは、便利な家計簿アプリがたくさん出ていて、買ったものを一つ一つ入力しなくても、スマホのカメラでレシートを撮影すれば、買った品物や金額、お店まで読み取ってくれます。家計の状況は棒グラフや円グラフで表示され、支出を分析することが可能なので、節約ポイントが簡単にわかります。

家計簿アプリなら、通勤時間中や休憩時間中でも、支出の状況がすぐに把握できるので、「ちょっと使い過ぎちゃったから、財布のひもを締めなくちゃ」という具合に、支出を抑制する効果があります。この家計簿アプリについては、次回詳しく説明しますね。

各費目の「予算化」をすることを忘れずに

各費目の分析ができたところで、次にやってほしいのが、各費目別に「予算を立てる」こと。基本的に予算の範囲内で暮らすことができれば、毎月赤字になることはありません。

毎月お給料が入ったら、住居費や食費など日々の生活にかかる「生活費」と、冠婚葬祭や旅行、電化製品の買い替えなどにかかる「臨時支出」に分けて考えましょう。3か月程度、家計簿をつけてみると、各費目にどれくらい使っているかがわかるようになります。

支出を把握したら予算を決めますが、限られた収入の中でお金をためようと思ったら、「支出のメリハリ」をつけることが重要です。生活費の中で「使い過ぎ」「減らせそう」と思う費目については節約し、その上で予算を立てるようにしましょう。どの部分を節約するのか悩む場合には、自分が優先させたい方を残すとよいでしょう。

ただし、お金をためることに意識が向くあまり、食費を削り過ぎるなど、ストイックになり過ぎると続かないので、しっかりと予算を取るべきところは取って、減らしても支障のないところは思い切り減らすなど、メリハリをつけた予算を組むことが大切。

また、1回ずつの支出が意外と大きい臨時支出は、1年分で大きな金額になります。家計がギリギリの状況だと、こうした臨時支出が発生した場合には、すぐに家計が赤字になってしまいます。臨時支出についても1年分の臨時支出代を書き出してみて、それを12か月で割り、毎月の家計の中に予算として組み込んでおくとよいでしょう。

お金をためるには、支出の記録、分析、予算化です。ぜひ、実践してみましょう。

【あわせて読みたい】
高山一恵さんの連載「始めよう!お金のレッスン」
老後が不安、20〜30代シングル女性の目標額は?
お金をためている人に共通の習慣・考え方は?

高山一恵
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)など。