お金をためている人に共通の習慣・考え方は?

始めよう!お金のレッスン

写真はイメージです

前回、老後のお金の不安についてお話ししましたが、働き方やキャリアなどで人それぞれ違いはあるものの、老後の生活には結構な金額が必要になることがわかりましたね。「頑張ってお金をためなきゃ!」と思った人も少なくないと思いますが、ちょっと待った! 実は、お金をためることと、生活習慣や思考は密接に関係しています。まずは、自分がお金のたまる習慣、考え方なのかをチェックしてみましょう。

いくつ当てはまる? お金がたまる度チェック!

□自分のお金を何にどれくらい使っているか、「支出」を把握している

□お給料が入ったらまず貯蓄し、残りのお金で生活している(先取り貯蓄)

□コストを意識して買い物をしている(コストと物の価値を比較して、おトクなのか、そうでないかを判断して買い物をしている)

□金融商品を購入するときに、きちんと仕組みを理解し、メリット・デメリットを把握してから購入している

□自分の軸や価値観を持っているので、それに沿ったお金の使い方ができ、無駄使いが少ない

□おトクな情報をこまめに収集したり、有利な商品に預け替えたりと、マメに行動することが多い

お金がたまる人の習慣・考えた方をまねしよう!

いくつ当てはまりましたか? ほとんど当てはまったという人は、お金をためる素質十分です! 反対に、ほとんど当てはまらなかった……という人は、以下に解説しますので、できるところから改善しましょう。

□自分のお金を何にどれくらい使っているか、「支出」を把握している

写真はイメージです

お金をためるというと、多くの人は、「収入」に意識を向けがちですが、実は、お金をためられるか、ためられないかの分かれ目は、「支出」に意識が向いているかどうかなのです。世の中には、収入が決して高くないのにお金をためている人もいますが、その人たちは、自分が何にいくらお金を使い、毎月どれくらいの予算で生活すればいいのかを把握しています。反対に収入が多いのにためられない人は、欲望のまま適当にお金を使っていて、支出の管理ができていません。お金をためる上では、限られた収入の中で、「どうお金を使うか」が大切です。

□お給料が入ったらまず貯蓄し、残りのお金で生活している(先取り貯蓄)

お金をためている多くの人が実践しているのが、「先取り貯蓄」。先取り貯蓄とは、毎月お給料が入ってきたら、まず貯蓄して、残ったお金で生活することです。加えて、財形貯蓄や銀行の積立定期預金を利用して、毎月、自動的に貯蓄できる仕組みを作っています。ちなみに、手取り金額の2割を5年間貯蓄すると、自分の年収分がたまります。

□コストを意識して買い物をしている(コストと物の価値を比較して、おトクなのか、そうでないかを判断して買い物をしている)

お金がたまっている人は、物の価値と価格を比較して買い物をしています。例えば、1000円の価値しかないものをそれ以上の値段で買うと、高い買い物をしてしまうことになりますよね。女性は、友達とのランチなどで、「ここのレストラン、コスパいいね!」なんて話をしている人も多いと思いますが、このコスパ感覚を養うことが、お金を上手に使い、お金をためるコツです。

□金融商品を購入するときに、きちんと仕組みを理解し、メリット・デメリットを把握してから購入している

写真はイメージです

どんな金融商品でも必ずメリットがあれば、デメリットもあります。お金がたまる人は、金融商品を購入するときに、自分で商品のメリット・デメリットをよく把握して、何の目的で購入するのか明確にしています。ただ単にたまればいい、増えればいいというよりは、どの金融商品を使えば人生が充実するのか、ライフプラン全体の中で金融商品を活用しています。ここまでできるようになるには、それなりに勉強しないといけませんが、知識を身につけていけば誰でもできるようになります。金融機関の職員にオススメされたまま、よくわからずに購入するのが一番危険。金融機関が売りたい商品を買ってしまっている可能性が高いです。

□自分の軸や価値観を持っているので、それに沿ったお金の使い方ができ、無駄使いが少ない

「自分は食べることよりもファッションに興味がある」「スポーツをするよりも読書が好き」など、自分が好むものが明確だったり、「安定よりも冒険を好む」「仕事だけ充実しているよりも、仕事もプライベートも充実させたい」など、人生を生きる上での自分の価値観が明確になっていたりすると、価値観以外のところにお金を使うことがなくなり、無駄使いがなくなっていきます。お金がたまる人は、自分が幸せだと思う価値観が明確になっている人が多いです。

写真はイメージです

□おトクな情報をこまめに収集したり、有利な商品に預け替えたりと、マメに行動することが多い

お金をためている人には、マメに行動している人が少なくありません。例えば、定期預金の金利がA銀行よりもB銀行の方が高いとわかれば、すぐに預け替えを行うなど、お得な情報をゲットすれば、すぐに行動しています。現状を変えるには行動を変えるしかありません。例えば、携帯電話の料金が月3000円安くなれば、年間で3万6000円もお得に。10年間だと36万円もお得になります。

お金をためることに限らず、何事も上手な人のマネをすると、上達が早くなります。お金がなかなかためられないという人は、お金がたまる人の習慣・考え方からマネをしてみましょう。

高山一恵
高山一恵(たかやま・かずえ)
ファイナンシャルプランナー

 慶應義塾大学卒業。2005年に女性による女性のためのファイナンシャルプランニングオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画。2015年から株式会社Money&Youの取締役。結婚、出産、夫の転勤など人生に多くの転機が訪れる女性にこそお金の知識が必要と考え、講演、個人マネー相談のほか、雑誌の記事執筆やテレビ番組出演など精力的に活動している。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)など。