チャージもいろいろ 「モバイルSuica」でキャッシュレスに挑戦

幸せを引き寄せるマネー術

写真はイメージです

消費税率引き上げとともに始まったキャッシュレス決済のポイント還元制度。初めてのキャッシュレス決済には、VISAやJCBなど国際ブランドのデビットカードや電子マネーが始めやすいと、前回のコラムで お伝えしました。電子マネーの中では、JR東日本の「モバイルSuica」へのチャージ方法を追求すると、利便性とお得の両方がバランス良く向上します。

モバイルSuicaならかなり広い範囲で使える

Suicaをスマートフォンに取り込んで使う「モバイルSuica」を利用すると、支払いのたびにカバンからお財布を探し出す必要もありませんし、アプリを立ち上げてコードを表示したり読み取ったりする必要もないため、利便性が飛躍的に向上します。

Suicaは、JR各社の電子マネーと相互利用ができるようになっており、JR東海の「TOICA」、JR西日本の「ICOCA」、JR九州の「SUGOCA」などが使えるお店でも利用できます。改札はSuica対応になっていないエリアであっても、駅ナカの自動販売機やキオスク、コンビニなどでは使えることが多いです。電車にあまり乗らない人でもモバイルSuicaを使ってキャッシュレスに挑戦することは、比較的試しやすいでしょう。

モバイルSuicaへのチャージ、想像以上に多くのカードで

モバイルSuicaを利用するには、iPhoneであれば7以降、Androidであればおサイフケータイ機能が付いている端末を利用する必要があります。

Suicaのチャージというと、JR東日本が発行する「ビューカード」でなければできないと思っている方も多いのですが、実はJCB、VISA、アメックスなど、かなり幅広いクレジットカードをチャージに利用することができます。通常、デビットカードやプリペイドカードは利用できないとされていますが、JCBのプリペイドカードにあたる「LINE Pay カード」でもチャージすることができます。

気に入っている手持ちの還元率の高いカードがあれば、モバイルSuicaにチャージして利用するという使い方をすれば、ポイント還元も利便性も得ることができます。

「JRE POINT」事前登録をお忘れなく

なお、Suicaもポイント還元制度の恩恵を受けられますが、還元を受けるには、JR東日本のポイント「JRE POINT」の登録を事前に行う必要があるため、その手続きだけは忘れないように気をつけましょう。

【あわせて読みたい】

ポイント還元制度スタート、キャッシュレス決済は利用すべき?

時短家電導入の優先順位と試用のススメ

家事に強い味方・時短家電は消費税増税前購入が吉?

住宅購入、消費増税後なら贈与枠拡大のメリットも

二世帯住宅、特例制度を利用できればお得に