Amazonヘビーユーザーに有利な「ゴールドカード」

幸せを引き寄せるマネー術

前回はAmazonの一般カードである「Amazon Mastercardクラシック」について検証しました。今回は、有料サービス「Amazonプライム」の特典が使えるというゴールドカードについて考えてみます。

年会費的には作るだけで得と考えることも

年会費1万800円の「Amazon Mastercardゴールド(以下Amazonゴールド)」は、Web明細の利用やリボ払いの設定で年会費を4320円にまで抑えることができます。

リボ払いについては、リボ払いの設定金額を引き上げておくことで、支払いの残高が翌月に繰り越されず、1回払い同様の手数料がかからない支払いにすることもできます。

さらに、Amazonプライム特典が使い放題となるため、プライム会員の費用(年間払い4900円)を、残る年会費から差し引いてみると、“所持するだけで約580円お得なカード”と考えることもできます。会費を支払ってAmazonプライム特典を高い頻度で利用している人にとっては有効な選択肢になりますね。

一方で、Web明細やリボ払いの設定を確実に行う必要があるなど、手間がかかる点には注意が必要で、誰にでも気軽に推奨できる選択肢とは言えないでしょう。

還元率2%カードとAmazonゴールド、どちらにまとめる?

カードの種類を増やすことは、管理しにくくなるため、基本的に避けたいところです。ですので、毎日のお買い物を、前回ご紹介した他の還元率2%カード(LINE Payカード、Sony Bank WALLETなど)に統一するか、Amazonゴールド(Amazon利用時は2.5%還元で、他は1%還元)に統一するかを考えてみましょう。

仮に毎月10万円(年間120万円)の日常の買い物をカード払いする場合、還元率2%カードに統一すると年間2万4000円相当の還元を受けられます。Amazonゴールドに統一する場合は、Amazonでの利用が80万円、その他の買い物が40万円で2万4000円(80万円×2.5%+40万円×1%)相当の還元が受けられることになります。

このケースでは、日常の買い物の3分の2以上がAmazonでの買い物の場合、有利であるという計算になります。一方で、諸条件が満たせず還元率2%カードの還元率が1%などになる場合、Amazonゴールドに統一して利用した方が有利です。

買い物においてAmazonが占める割合が高く(月10万円の人で3分の2以上がAmazonなど)、日頃からAmazonプライムの特典を十分に活用している人で、リボ払いの設定などを忘れない・間違わない場合には、有効な選択肢となりそうです。

【あわせて読みたい】

海外旅行中の支払いにはどのカードがベスト?

多すぎる? 保有するクレジットカードを整理するコツ

退職するなら「月末1日前」が有利って本当?