20代でも保険に加入した方がいい?

幸せを引き寄せるマネー術

 保険は「起こる確率は大きくないけれど、起きたときに他の手段で対応できないことに備える」という考え方で加入するのが定石です。そう考えた時に、20代で加入すべき保険商品はあるのでしょうか。

貯蓄、社会保障、親に頼れる可能性も

 20代の人が有事の際に頼れる存在としては、自分自身の貯蓄と社会保障、それに、人によっては親に頼れる可能性があるかもしれません。そう考えると、20代で何らかの保険に入らなければならない人は少ないと考えられます。

 収入にもよりますが、高額療養費制度(「民間保険に入る? 医療費を『健保』で乗り切るワザ」)を使えば、ひと月にかかる医療費を約9万円程度に抑えることができます。万が一、自分が死んでしまった場合の葬儀費は200万円程度と言われることが多いですが、低価格化も進んでいます。

 有事の際の医療費や葬儀費を親に頼ることができるなら、保険加入の必要性が低くなります。頼れない場合には、200万円程度の貯蓄ができるまでの間だけ、掛け捨てで安価に加入できる定期タイプの医療保険や死亡保険に加入するという選択肢もあります。

自営業者は所得補償保険も選択肢?

 会社員の場合、1か月の医療費の自己負担額に上限を定める高額療養費制度に加えて、病気やけがで4日以上、仕事ができなかった場合、給料の3分の2程度が支給される「傷病手当金」という制度があります。入院などが長引いた場合にも、高額療養費制度で医療費に上限が設けられ、傷病手当金で一部収入が得られる構造になっているため、ある程度の貯蓄(200万円くらい)があれば、民間の保険商品に別途加入する必要性は低くなります。

 一方、自営業者として働いている人は、高額療養費制度は利用できるものの、傷病手当金は支給されません。こうしたケースに備える保険として、損害保険会社が提供する「所得補償保険」があります。働けずに収入が減ってしまうシーンに備えて、月額10万円が最長2年受け取れるなどのプランで、20代であればひと月1000円前後といった比較的手頃な保険料で加入することができます。

 働き方や現在の貯蓄状況によっては保険加入が有効な場合もありますが、まずは保険以外で対応できる方法はないかを確認してみましょう。しっかり吟味して加入した商品であれば、むだを減らせますし、いざというときに請求忘れをすることも少なくなり、有効に活用できるのではないでしょうか。

【あわせて読みたい】

保険加入に関する不安を解消するためには?

6月の給料は手取りが少ない? 税金分を要チェック

失業保険っていくらもらえるの?