2020年に年収850万円超なら増税、フリーランスには朗報も

幸せを引き寄せるマネー術

 2018年度に決定した税制改正の中で注目されたのは、20年に施行される「年収850万円超の会社員の増税」です。そして、自営業者が確定申告を電子申告(e-Tax)に切り替えると減税になる制度も同時期に始まります。

基礎控除が引き上げられ、給与所得控除の上限額は引き下げに

 会社員の所得税などを計算する場合、給与から「給与所得控除」や「基礎控除」などを差し引いた後、税率をかけて算出します。つまり「控除」される項目や金額が大きいほど、税金は安くなります。

 20年からは、「基礎控除」は10万円引き上げられ、「給与所得控除」は年収850万円以下の場合10万円引き下げられます。このため、年収850万円以下の人は実質税額が変わりません。

 現在、給与等の年収が1000万円超の会社員は、いくら年収が増えても給与所得控除は220万円が上限になっています。しかし、20年からは、給与等の基準が「1000万円超」から「850万円超」に、控除の上限額も「220万円」から「195万円」に引き下げられるため、年収850万円超の会社員は実質増税になるのです(子育てや介護世帯を除く)。

 例えば、年収860万円の人の場合、現在の給与所得控除は206万円ですが、20年からは195万円で頭打ちとなるため、11万円控除される金額が少なくなります。基礎控除の10万円増額を差し引いても、課税対象となる所得が1万円増えるため、所得税率が20%と仮定すると、住民税(10%)と併せて、年間3000円(1万円×30%)、税額が増える計算になります。

フリーランスは電子申告をすると減税に

 自営業者も、基礎控除は同様に10万円引き上げられます。一方、青色申告特別控除が10万円引き下げられます(65万円→55万円)。ただし、確定申告を電子申告(e-Tax)で行うと、引き続き65万円の控除を受けることができます。

 電子申告を行うと、青色申告特別控除の金額が変わらず、基礎控除10万円引き上げの恩恵を受けられるため、課税される所得が10万円少なくなるので減税になります。

 今年のうちに、電子申告や電子的に帳簿を保存できる準備を整えておき、来年分の所得については、電子申告などが行えるように備えておくと有利でしょう。

【あわせて読みたい】

税制改正で「ふるさと納税」はどう変わる?

4~6月は残業しない方が得って本当?

春に買うから“張る”財布? 中身をアップデートしよう