どこに注目? 生命保険の見直しのポイントとは

幸せを引き寄せるマネー術

 いざ生命保険に加入しようする時、「社会保障や貯蓄でカバーできない事柄に必要な“保障”の分だけ備える」というセオリーで商品を選びます。では、既に加入している保険はどのように見直すのが良いでしょうか。

原則は保険で貯蓄はせず、自分で補えないケースで頼る

 起こるかどうかわからない事象のために、自分で大金を準備しておくのは現実的ではありません。しかし、不測の事態に備えて保険に加入しておくことで、いざという時に頼ることができます。ただし、不測の事態が起こらなければ保険料は戻らない、というのが保険の特性を生かしやすいシーンです。

 保険料が掛け捨てになってしまうのをもったいないと感じて、貯蓄性の高い保険に加入するケースがありますが、保険商品である限り、何らかの“保障”の機能を備えていることは多く、すべての支払い保険料が貯蓄に回るわけではありません。

当初の目的は保障? それとも貯蓄?

 そのため、貯蓄性の高い保険に加入すると通常、当初の解約返戻金はそれまで支払った保険料を下回ります。ただ長期間、保険契約を継続すると、保険会社の運用によって、最終的には累積の支払い保険料を上回ることもあります。

 こう考えると、加入時は「貯蓄を求めるのではなく、他で補えない保障はいくらなのか」という視点が大切ですが、見直す際は「保障を期待した保険は見直せるかもしれないが、貯蓄を期待した保険の解約は慎重に」というのが基本方針になります。

 保障を期待して加入した保険商品は、自分の貯蓄が増えるなど、加入時と状況が変わっていれば“かけ過ぎ”になっているケースがあるため、減額や解約などを検討してもいいかもしれません。一方、貯蓄を期待した商品では、当初の予定より早く解約すると損になるケースが多いため、月々の支払いに無理がなければ続けられないか、慎重に考えてみるのが良いでしょう。

 もちろん、貯蓄性の高い保険に支払っている保険料が重すぎて、日常の生活を圧迫しているようであれば、減額などを検討したほうがいいかもしれません。

【あわせて読みたい】

会社員だけど確定申告は必要? 副業をしている人は要注意

2月は貯蓄のチャンス! 収支の波を考え、「なだらか」を目指そう

家計簿に挫折した人にオススメ 通帳を熟読しよう!