あなたの使っているSNSアカウント、死後はどうなるの?

幸田フミのスマートデジタル

 ITコンサルタントの幸田フミさんが、SNS時代をスマートに生き抜く女性ためのデジタルマナーを指南します。

 いつか死ぬのはわかっていますが、もしも、不慮の事故で明日、死んでしまったら……。心残りなことはたくさんありますが、デジタル上で自分の分身として存在していたSNSのアカウントが一体どうなるのかも気になります。

 死後のアカウントの扱いはSNSによって様々です。生前に方針を決めておくことができるサービスもあるので、その時になって家族や友達が戸惑うことがないよう、事前に確認しておくことをおすすめします。

 今回は国内での利用者が比較的多いFacebookTwitterInstagramLINEでの死後アカウントの取り扱いについてご紹介します。

Facebook

 自分の死後にアカウントを残すのか、または残さずに抹消するのかを生前に設定しておくことができます。アカウントを残したい場合は管理画面から「追悼アカウント」を選び、削除したい場合は「アカウント削除」を選んでおきましょう。

 追悼アカウントを選んでおくと、自分が死んだ後に友達が集い、思い出をシェアするために、Facebookのプロフィールページを残すことができます。プロフィールの名前の隣には「追悼」と表示され、生前に投稿した内容がそのままの状態で残されます。

 追悼アカウントを残すためには、管理画面から信用できる友達や家族を「追悼アカウント管理人」に指定しておきましょう。Facebookの設定画面はこちら

 

 

 追悼アカウント管理人は、アカウントの持ち主が亡くなった時に「追悼アカウント」に切り替えて、プロフィール画像やカバー画像を変更したり、新規の友達リクエストに対応したりすることができます。しかし、故人のメッセージの閲覧や送信はできません。

 ちなみに、私はシングルで子供が未成年なので、親友とお互いに「追悼アカウント管理人」に指定しています。

 一方、管理画面で「アカウント削除」を選択しておくと、自分の死後、家族や友達がFacebookに死亡報告をした場合に、アカウントが削除されます。

 また、遺族は、死亡報告フォームに、故人の氏名やプロフィールページのURLを記入して、「追悼アカウント」や「アカウント削除」への切り替えを申請することができます。その際には、肉親である証明や死亡証明書などの書類が必要です。

Twitter

 TwitterにはFacebookのような「追悼アカウント」は存在しませんが、肉親が「アカウント削除」の申請をすることができます

 「亡くなられた利用者や自身での対応が難しい利用者のアカウント削除のリクエスト」を送信と、Twitterから申請者の身分証明書や故人の死亡証明書などの情報提供をリクエストされるので、これに対応します。

 Twitterは「権限のある遺産管理人または故人の家族とともにアカウントを削除する」と記載しているので、死後にアカウントを削除したい場合は、あらかじめ肉親に依頼しておく方が良いでしょう。

Instagram

 Facebookと同じく、Instagramは「追悼アカウント」として自分のページを残すことができます。ただし生前に設定しておくことはできず、遺族がフォームから申請することによって「追悼アカウント」に切り替えることができます。

 また、故人の出生証明書や死亡証明書などを用意できる近親者に限り、「アカウント削除」を申請することができます。Twitter同様、死んだ後にアカウントをどうしたいのかを家族に伝えておくほうが良さそうですね。

LINE

 LINEには、「追悼アカウント」「アカウント削除」の設定や、遺族によるアカウント削除依頼の窓口は用意されていません。

 すべての権利はLINEアカウントの所有者のみに属しており、利用規約にも第三者への譲渡ができないと記載されています。LINEアカウントとひもづいている「LINE MUSIC」や「LINEマンガ」などの有料コンテンツも引き継ぎはできません。

 しかし、故人を特定できる情報を提出すれば、LINEの「アカウント削除」には応じてくれるようです。

 いかがでしょうか。ソーシャルメディア上には、これまでの自分の歴史や、出会った人たちとの人間関係がたくさん蓄積しています。死んだ後、自分のアカウントをどうしてほしいのか。家族や親しい友達に希望を伝えておくと良いかもしれません。

幸田フミ
幸田フミ(こうだ・ふみ)
ITコンサルタント

 米パーソンズ大学卒業。ニューヨークのファッションマーケティング会社にウェブデザイナーとして勤務し、大手ブランドのウェブサイト制作やファッション系ポータルサイトの運営などを手がけた。帰国後2003年にウェブコンサルティング会社、株式会社ブープランを創業。IT活用のアドバイスや講演、執筆を行う。著書「大人のSNS入門 ITオンチ脱出大作戦」(かんき出版)、「はじめてのIoTプロジェクトの教科書」(クロスメディア・パブリッシング)等。2016年に株式会社FUMIKODAを設立。エシカルなスマートバッグブランド「FUMIKODA」を立ち上げ、クリエイティブ・ディレクターに就任。