働く女性へ贈りたい、2018年の漢字は「転」

楽しく働くための社内政治力

 毎年12月に京都・清水寺で発表される「今年の漢字」。2018年は「災」でした。

 確かに、振り返れば自然災害は多かったし、芸能界でもスポーツ界でも「災い」のニュースが目立った一年ではありました。それにしても、「災」が平成最後の一文字かと思うと気持ちが沈みます。ここは、2位にランクインしていた「平」のほうが「雨降って地固まる」的な前向きの兆しが感じられ、世の中の平和を祈るという意味でも、平成最後の漢字にふさわしかったのでは……と思うのは私だけでしょうか?

災い転じて福となす

 皆さんにとって、この一年はどんな年でしたか? うれしかったことも災難だったことも、人それぞれいろいろあったことでしょう。

 私が働く女性へ贈りたい今年の漢字は、「災い転じて福となす」「転」です。

 人生には、自分の力ではどうしようもない不運なことが起こります。信頼していた人から裏切られるようなショックな出来事、思い通りにコトが運ばずイライラする出来事など、さまざまな災いが降りかかります。そんな時は、「何で私がこんな目に遭うの?」と世の中の不幸を一身に背負った気分になり、落ち込むこともあるでしょう。だけど私たちには、どんなにダメージを受けても、そこからはい上がろうとする力があります。その力が必ず、災いを福に転じさせるのだと信じましょう。

 今年9月に惜しまれて引退した平成の歌姫、安室奈美恵さん。彼女の一見華やかな活躍の歴史にも、浮き沈みの波があったはずです。「七転び八起き」。彼女は挫折のたびに立ち上がり、輝きを増したのです。

 9月に亡くなった女優の樹木希林さんは、「不退転」という言葉を思い起こさせます。信念を持ち、何事にも屈しない――。「ぶれない生き方、ゆるぎない信念」は年齢に関係なく、その人を美しく輝かせるのだと教えられました。

「転んでもただでは起きない」したたかさを持つ

 気持ちが沈んだ場所でしか見えない景色があります。順調にコトが運んでいる時には気づかない世界です。何かにつまずいて転んで、見上げた夜空に浮かぶきれいな月に感動したり、月の形が見えないほどの薄曇りの方が、空が明るく見えることを知ったり。

 ネガティブなコトが起きたおかげで数々の知識が増えるのをプラスにとらえ、抜け目なく立ち上がる。「転んでもただでは起きない」。このしたたかさを持ちましょう。

新しい時代に向けて、転がっていこう!

 世界経済フォーラム(WEF)による男女格差の度合いを示す「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」の2018年版国別ランキングが発表されました。それによると、日本は149か国中、110位(2017年は114位)。先進7か国で、昨年に続き最下位でした。

 組織内で女性の昇進を阻む見えない障壁――「ガラスの天井」は確かにあります。東京医科大などでの不正入試における女子受験者への差別を思えば、「110位」という順位は今さら驚くニュースではありません。

 ただ、順位が低いからといって落ち込んでいる場合ではありません。相変わらずの男性社会を嘆くより、わずかでも女性が働く環境が改善されている現実に目を向けたい。今の大学生は「男だから」「女だから」という意識が私たちの世代よりかなり低く、女子学生が生徒会長になったり、会社に女性の上司・幹部がいたりするのは当たり前と考えている世代。そんな若い世代が社会に出たとき、「男女平等、当たり前でしょう!」という思いをへし折ることがないようにしたいものです。

 ガラスの天井なんのその。「生生流転しょうじょうるてん」。すべてのものは絶えず生まれては成長し続ける。世の中に変わらないものはないのです。転んでは起き上がり、そのたびに成長して、新しい自分に生まれ変わっていきましょう。

 「心機一転」の2019年。自分の新しいページを開こう!

【あわせて読みたい】
「そだねー」効果、職場でもまねする価値あり!
「子会社に出向」をチャンスに変えたチャレンジ精神!
「これが最後」と思えば、嫌なことも乗り切れる?!
「のどあめ事件」に学ぶ、ムダに敵を作らないためのマナー力

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点