美しいテーブルマナーは、思いやりとエレガント

脱かわいい 大人の作法

 これまで、レストランで食事をするとき、「これさえ知っておけば安心」という、マナーの基本を紹介してきました。しめくくりは、サラダと肉料理の食べ方についてです。

サラダはフォークだけで食べる

 ヘルシー志向が進み、ビジネスランチのような場面でも「サラダランチ」がメニューに登場します。ここで一度、サラダの食べ方をおさらいしておきましょう。

 コース料理でいただくサラダは、基本的にフォークだけを使います。サラダを金属のナイフで切るのは、見た目も美しくありません。利き手でフォークを持ち、お皿の上で、フォークのヘリを使ってサラダ菜を切り、一度に口に入れます。大きめの葉ものを口にくわえてかみ切る……なんてことはしないでくださいね。扱いにくい大きさや形状の葉ものは、フォークで折りたたんでから口に入れます。

 ヨーロッパ式のテーブルでは、葉を切りやすい形状のフォークが用意されていることもあります。また、最近はサラダの食材も種類が増え、トマトやインゲン、肉類、魚介類が一緒に盛られたボリュームたっぷりのサラダもあります。この場合は、サラダもオードブルの一品と考え、ナイフとフォークを使います。

 とはいえ、やはり野菜をナイフで切り刻むのは美しくありません。フォークだけで食べる方がエレガントです。できるだけ、フォークで食べて、ナイフのサポートが必要な食材だけをナイフで切るのがオススメです。その場合、ナイフを使った後は皿の上に斜めに置きましょう。

お肉を切るときも“エレガント”に

 なんといっても、西洋料理のメインディッシュは肉料理。肉の食べ方は、米国とヨーロッパでは少し異なります。どちらでも対応できるように、お肉の食べ方をおさらいしておきましょう。

 フォークは左手、ナイフは右手で持ちます。これは米国もヨーロッパでも共通していることです。ステーキなど大きめの肉の場合、必ず左側(外側)から一口ずつ切り分けて、食べてください。フォークでしっかり押さえ、自分に向かってナイフを引くように切ります。力を入れすぎて肘を広げないように。肘は脇に付けるようにすると、エレガントに食べられます。

 米国では肉を切ったら、ナイフをお皿に置いて、フォークを右手に持ちかえてから、肉を食べます。ヨーロッパでは、フォークを持ちかえずに、切った肉をそのまま左手で口に運びます。どちらの場合も、肉をすべて細かく切ってから食べるのはNGです。食べるたびに、その分だけを切りましょう。

 付け合わせは、肉と交互に食べます。先に肉を食べてしまって、あとから付け合わせを食べるということはしません。レストランのシェフは、料理のバランスを吟味して作っています。交互に食べることで、料理はいっそうおいしくなるはず。作ってくれた人の心遣いを大切にするのも、マナーなのです。

 たびたび言いますが、マナーの基本は思いやり。そして、大人の女性に大切なのは、エレガントな立ち居振る舞いです。忘年会やクリスマス、お正月など、年末年始はパーティーや食事会が増える時期です。思いやりとエレガントで、新しい年を迎えてください。

【あわせて読みたい】
スープとパンの食べ方でわかる、テーブルマナーの“偏差値”
ナイフとフォーク、持ち方一つで下品に見える!?
会話を楽しみながら、優雅に食べる…美しいテーブルマナーの基本
グラスに口紅がべったり! どうしますか?
あなたの常識は非常識!? テーブルマナーの偏差値アップ!

清水彰子
清水彰子(しみず・あきこ)
マナー&キャリアコンサルタント

 トランスアジアオフィス TAO 代表取締役。放送業界で番組制作に携わった後、結婚。十数年を海外で過ごし、帰国後に社交マナーやコミュニケーションを中心に、企業研修のコンサルタントとして活躍。ジョン・ロバート・パワーズスクール東京校校長を経て、SEI by Akiko(2018年、DESIGN U LABとしてリニューアル)を立ち上げる。ミス日本、ミスユニバースJAPANの教育・指導および審査員を担当。著書に「いちばん綺麗なあなたを見つける」(リヨン社)、「気品のコツ 品格ある女性のマナーブック」(海竜社)など。

DESIGN U LAB