「そだねー」効果、職場でもまねする価値あり!

楽しく働くための社内政治力

 今年話題になった言葉を選ぶ「2018ユーキャン新語・流行語大賞」に「そだねー」が選ばれました。平昌ピョンチャン五輪でカーリング女子日本代表チームが試合中に使っていた北海道なまりの言葉です。ノミネート30語に入った「もぐもぐタイム」とともに、私たちには忘れられないワードです。

 北海道の人にとっては「そだねー」は標準語だそうですが、初めて耳にする私たちには、相手を包み込むような温かい響きが新鮮でした。さらに、オリンピックという大舞台のピリピリムードの中、どこかのんびりした響きのある「そだねー」は、応援で力の入った私たちの緊張も緩めてくれました。同じ意味の「そうですね」「わかる」「確かに」「なるほど」では置き換えられない、独特の柔らかいニュアンスです。

 「ポジティブな言葉だけを発するというルールで活動し、その言葉が評価されたのでうれしい」

 カーリングチーム「ロコ・ソラーレ(LS北見)」代表理事・本橋麻里さんの「流行語大賞」授賞式でコメントです。ポジティブな言葉には、メダルを取る偉業を成し遂げるほどの力があるということです。

「そだねー」で相手を受け止め、前進する

 職場でも「ポジティブな言葉だけを発するルール」をまねしてみる価値はありそうです。

 日常には、自分の思い通りにコトが運ばず、ため息が出そうになる場面がたくさんあります。こんな時は誰かを責めたくなるものです。

 「まったく、○○さんは常識がないから困る!」「あの人のせいでこんな結果になった!」

 これを、「そだねー、○○さんは人とは違う考え方をするんですね」「そだねー、○○さんの失敗、次回に生かしましょう」としてみてはどうでしょう。

いつも心に笑顔と余裕を

 相手を批判していると、いつまでも同じ場所に立ち止まることになります。前に進む力を失うのです。「そだねー」には相手を受け止める包容力があります。真っ先に反応して批判するのではなく、相手をいったん受け止める余裕を持つことで、ネガティブモードでイライラする時間が省けます。これも一つの「働き方改革」です。

ネガティブな言葉は仲間を萎縮させる

 外銀時代の上司から、社内のエレベーターの前で「君にはイライラさせられる!」と言われて傷ついたこと、今でも鮮明に覚えています。自分なりに考えて作った資料が、上司の期待を裏切ったことは理解しました。でも、信頼していた上司だっただけに「イライラする」のひと言は、私に奈落の底に落ちるほどのダメージを与えました。「私は能力がないんだ」と自分を責め、そこからはい上がるまでに相当な時間がかかったのです。

 自分をいきなり否定されると、誰でもムッとし、そこには不穏な空気が流れます。

 相手の未熟な点を真っ先に指摘したくなる気持ちを、いったん抑えましょう。「なぜこう考えたのか?」と相手の気持ちを考えることが大事。相手が誰(上司、同僚、部下、取引先)であれ同じです。

 相手の気持ちを聞いて、「なるほど、そういう考え方なんですね」といったん受け入れ、その後、自分の考えを伝えればいいのです。そうすれば相手も聞く耳を持つはず。ケンカ腰になって無意味な時を費やしたり、関係性がギクシャクしたりすることは、お互いにとってマイナスです。

 感情的になって得することなど一つもありません。

 イライラしたら、「そだねー」と心の中で言ってみよう。

【あわせて読みたい】
「子会社に出向」をチャンスに変えたチャレンジ精神!
「これが最後」と思えば、嫌なことも乗り切れる?!
「のどあめ事件」に学ぶ、ムダに敵を作らないためのマナー力
会社に行くのが毎日楽しい!? 社内恋愛のメリット、デメリット

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点