「子会社に出向」をチャンスに変えたチャレンジ精神!

楽しく働くための社内政治力

 「やっと名前と顔が一致しました」

 報告書への承認サインをしながら、財務部長が私に言った言葉です。私はびっくり! だって、財務部長は本社でも名を知らぬ者がいないくらい、優秀な上司だったのです。私は、子会社に出向中の経理担当者でしかありません。

 「こんな偉い人が、なぜ、私の名を?」

 それには、理由がありました。私が出向した子会社は、ある銀行のクレジットカード会社でした。本社へ定期的に提出する資料や書類がたくさんあり、出向者は私だけだったため、あらゆる資料にサインをしていたのです。そのため、財務部長は私の名前を頻繁に目にして覚えたというわけです。

 意図的でなかったとはいえ、私の名前は、私の実力をはるかに上回る影響力を発揮したのです。

チャレンジでつかんだチャンス

 子会社出向に当たっては、上司からチーム全員に打診がありました。“子会社に出向”というネガティブな響きに、同僚たちはそろって尻込みしました。その中で、私だけが「やります!」と迷わず手を挙げたのです。

 その理由は単純でした。当時、私は経理部門の仕事を通して、やっと借方・貸方の仕訳ができるようになっていました。「出向して一つの小さな会社の経理全体を見ることで、財務諸表などから学ぶことが多いのではないか? これは私にとってチャンスかも!」とワクワクしたからです。

 上司はだれも引き受けようとしない仕事を、私が引き受けたことにうれしそうでした。それまで衝突することが時々あり、あまりうまくいっていないと感じていた上司との関係が、少し好転したように感じました。

 子会社の書類は、この上司がすべて目を通します。でも、最終的にサインをするのは私でした。一人歩きした私の名前が、財務部長の目に留まったわけです。

目の前の橋はとりあえず渡る!

 私は子供の頃から、後先考えずに「面白いかも!」と感じたら、それに飛び込んでしまう無鉄砲さがありました。「石橋をたたいて渡るの」ではなく、「目の前に橋があったら、とりあえず渡ってみる」タイプです。慎重な人から見れば、向こう見ずで時々あきれられますが、これも性分。

 渡ってみたら丈夫な橋ではなく、時々落ちてケガをすることがあります。だけど、自ら行動して感じた痛みなら、動かないでウジウジするよりマシだと思います。キズにはやがてカサブタができ、いつの日かきれいに治ってしまうからです。

 チャンスは自分でつかみにいくもの。私は、そう思っています。

 その後、本社に戻った私は、プロジェクト要員に声がかかるようになりました。経理の仕事に明るいことを認められたようです。英語力不足で、外国人も混じるチームでの仕事にはコミュニケーション上、苦労しましたが、プロジェクトから外されることはありませんでした。

仕事のやる気スイッチは人によって違う

 私には、仕事のやる気スイッチが二つあります。一つは、上司や同僚に「よく頑張っているね!」と「認められること」。もう一つは、「失敗から学ぶこと」で「私、以前より少し成長したかも♪」と感じる瞬間です。

写真はイメージ

 皆さんのやる気スイッチはどこにありますか?

 仕事の達成感、昇進して仕事の責任範囲が広がること。あるいは、賃金、労働条件、職場の環境など、人によって様々でしょう。

 やる気スイッチは、ライフスタイルの変化によっても変わっていくものです。要は、人と比べず、与えられた環境の中、いかに「面白がって」日々を生きていくかだと思います。

 目の前の小さなチャンスを生かしていくと、世界はもっと広がるよ!

【あわせて読みたい】
「これが最後」と思えば、嫌なことも乗り切れる?!
樹木希林さんに学ぶ、働く女性のこだわりの生き方
「のどあめ事件」に学ぶ、ムダに敵を作らないためのマナー力
「ぎぼむす」の元キャリアウーマン・亜希子から学ぶ働き方

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点