株主総会って何をするの?

幸せを引き寄せるマネー術

 株式を保有している会社の経営陣や、自分以外の株主も集まる「株主総会」。会社の経営方針や予定されている事業を直接聞くことができたり、他の株主の関心事が垣間見られたり、会社によってはお土産をもらえることもあります。

いつ行われるの?

 株主総会は通常、通期決算の3か月以内に行われます。3月末決算の会社の場合、6月下旬に行われることが多いでしょう。

 前回、配当や優待を得るには、決算日の3営業日前である「権利付き最終日」に株式を保有しておく必要があるとお伝えしました(「株式投資の楽しみのひとつ『株主優待制度』とは?」)。権利付き最終日に株式を保有しておくことで優待や配当を得ることができますが、実際に受け取ることができるタイミングは、決算日のおよそ3か月後。利益の配当などは株主総会で株主から合意を得ることで確定されるからです。

 株主総会では、株主への還元や、その年の事業の状況、これから予定されている新サービスの説明などがなされます。また、株主は、その会社について日頃から感じていることなどを質問できるため、他の株主がどういったことを考えているのかも含め、会社への理解をより深める機会にもなります。

会社によっては株主総会でお土産も

 また、参加した株主には、その会社の商品などをお土産としてもらえることもあります。私自身は過去に、出資会社が販売する飲料やペアグラス、関連会社の店舗で使える割引チケットなどをもらったことがあります。

 一方で、株主総会は通常、その会社の本社周辺が会場となることが多いため、本社から遠い場所に暮らす人は参加が難しい場合もあります。私も岡山に住んでいる時にはあまり参加できず、東京に暮らすようになって、参加できる機会が増えました。こうしたことは、すべての株主に対して公平ではないという見方もあります。また、総会のお土産より事業に投資をすべきという考え方もあり、最近は、お土産を減らしたり廃止したりする会社も増えています。

 平日の昼間などに開催されることも多いため、都市部に暮らしている人でも参加が難しいことはあるかもしれませんが、タイミングがあれば、その会社をより知る目的に参加すると楽しいと思います。お土産をもらえた場合は、「時間を確保して、会場に足を運んだことへのお礼だな」と捉えても良いかもしれませんね。

【あわせて読みたい】

株式投資を行う最小単位「単元」ってなに?

株式投資の楽しみのひとつ「株主優待制度」とは?

QRコード決済って何がすごいの?