株式投資を行う最小単位「単元」ってなに?

幸せを引き寄せるマネー術

 資産を運用するというと、まず株式投資を思いつく人が多いと思います。まとまった金額が必要だと思われるかもしれませんが、実際はどうなのでしょうか。

 国内で上場しているある会社の株価が2000円だった場合、通常の取引でひとまとまりの株式を購入するのに必要な資金は20万円です。株価は1株あたりの金額で表記されますが、通常の取引では100株を1単位とする「単元」で取引されるからです。

単元は100株に統一

 1単元は、会社によって100株の場合も、1000株の場合もありましたが、国内の上場企業においては今年10月から、1単元=100株に統一されました。

 株式投資に初めて挑戦する際には、1単元買うために必要な資金が少なくて済む銘柄(低位株)を一つだけ買ってみるのも選択肢です。投資する金額が小さければ、背負うリスクも投じた金額の範囲内で済むからです。ただし低位株は、一般的には安定した大企業というよりは、これから成長が期待されている企業などが多く、価格の変動が激しい傾向にあります。

10万円未満で購入できる銘柄を探す

 私自身が株式投資の初期に購入した株に、スターバックスコーヒージャパンがありました。今は日本市場に上場していないため買えませんが、当時6万円程度でした。

 Yahoo!ファイナンスでは、単元株価格下位のランキングを確認できますし、各証券会社で株式の銘柄を検索する時にも、通常、投資金額を指定することができます。

 低位株は値動きが激しく、これから成長する企業が多い傾向にあるとお伝えしました。しかし、10万円未満の銘柄で探してみると例えば、みずほフィナンシャルグループ(8411)や、パンケーキのbillsで知られるサニーサイドアップ(2180)、クックパッド(2193)、大手ECサイトを運営する楽天(4755)など、身近なサービスを提供する企業や、大手企業の銘柄を見つけることもできます(注:数字は個別銘柄を特定するために振られた銘柄コード)。

 まずは、投資しても不安にならない金額の上限を決め、その範囲で銘柄を選んでみると楽しいでしょう。この時、即決するのではなく、ネットショッピング同様、気になる銘柄をいくつか「お気に入り」として登録しておき、繰り返し検討した上で一つだけ買う、というステップを踏むと、より慎重に選んだり、研究したりするトレーニングになります。

【あわせて読みたい】

シェアリングエコノミーで稼ぐためには?

○○放題サービスを利用する際に気をつけたいこと

アラフォーで貯金なし……結婚に必要なお金はいくら?