樹木希林さんに学ぶ、働く女性のこだわりの生き方

楽しく働くための社内政治力

 おごらず、人と比べず、面白がって、平気に生きればいい

 これは、先月亡くなった女優・樹木希林さんの告別式で、娘の内田也哉子さんが喪主代理あいさつで、「いつか言われた母の言葉を必死で記憶から手繰り寄せます」と言って紹介した言葉です。

 周りから何と言われようと、自分が譲れないこだわりを大事にし、自分らしく生きていきなさい、という樹木さんのメッセージは、働く女性に向けてのエールに思えてなりません。

 2016年4月1日に「女性活躍推進法」が施行されてから2年半が過ぎようとする今、働く女性を取り巻く環境は、以前よりどのくらい改善されているのでしょうか?

 漢字ばかりで威圧感がある名称の法律ですが、正式には「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」といいます。女性が希望に応じて職業生活で活躍できる環境を整備することを目的としています。

 この法律の名称を聞いて最初から違和感を持ったのは、「活躍」という言葉です。「活躍とは何をもって活躍というのか?」ということです。大辞林によると、活躍とは、「めざましい活動をすること」。「めざましい」とは、目が覚めるほど素晴らしい、驚くほど素晴らしいという意味。そう簡単には変わらない男社会の中において、すでに十分に頑張って働いている女性に、さらにめざましい活動をしろとは酷ではありませんか? そう言いたくなるのは私だけでしょうか?

 「活躍しましょう」を英語にすると「Be Active」。こちらのニュアンスの方が、「自主的に考えて動きましょう!」と自然に前向きな気持ちになれそうな感じがします。

人生の主演はあなた(写真はイメージです)

 仕事において達成感や満足感を抱く瞬間は、人によって違います。困難を乗り越えてチャンスをつかむことに生きがいを感じる人、誰かのサポート役に徹し、その人が成功することに喜びを感じる人、自分より家族の幸せを優先したい人など様々です。要は、「管理職に昇進するだけが『活躍』ではない!」と私は言いたいのです。

絶対に譲れないこだわり

 人が何らかの職業上の選択を迫られたとき、最も大切な(犠牲にしたくない)欲求、価値観、能力(才能)を「キャリア・アンカー」といいます。これは、アメリカの心理学者エドガー・シャインによって提唱された理論で、キャリアにおいてよりどころとなる、船でいえばいかり(アンカー)にあたるという考え方。

 キャリア・アンカーには8つの「何があっても、これだけは譲れないこだわり」があり、人によってその優先順位は違うといわれています。

キャリア・アンカーの8つのこだわり
1.特定の仕事のエキスパートであること
2.責任あるポジションにつき組織の期待に応えること
3.自分のやり方、自分のペースで仕事をすること
4.安全で安定を感じられること
5.起業家マインド
6.社会への貢献指向
7.純粋なチャレンジ
8.ライフスタイル指向

 さて、あなたの譲れないこだわりの第1位は何でしょうか?

リーダーになりたくないのは罪?

 外銀勤務時代の35歳のとき、上司から、「なぜもっと“前”に出て、自分をアピールし、昇進しようと思わないのか?」とはっぱをかけられ、プレッシャーに感じたことがあります。今振り返ると、当時の私にとって、管理職になるよりも仕事のエキスパートになって、誰かの役に立つことの方にやりがいを感じていたのだと思います。

 私にとってのキャリア・アンカーは「特定の仕事のエキスパートであること」、そして「自分のやり方、自分のペースで仕事をすること」だったのです。

 ただやみくもに「活躍」しろと言われても困ってしまいます。「私は今、輝いているかも♪」と思える瞬間は、人によって様々なのですから。

 人生は台本のない即興ドラマ。主演女優は「あなた」です

【あわせて読みたい】
「のどあめ事件」に学ぶ、ムダに敵を作らないためのマナー力
「ぎぼむす」の元キャリアウーマン・亜希子から学ぶ働き方
会社に行くのが毎日楽しい!? 社内恋愛のメリット、デメリット
お局様の冷たい仕打ちに、どう対処する?

関下昌代
関下昌代(せきした・まさよ)
著作家・キャリアカウンセラー

 亜細亜大学非常勤講師。熊本市生まれ。高校卒業後、住友信託銀行に就職。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁などで勤務した。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの業務部を経て、2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月末シティバンク銀行を退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」(さくら舎)、「伸びる女(ひと)と伸び悩む女の習慣」(明日香出版社)「伸びている女性がやっている感情整理の新ルール」(KADOKAWA)、「シティバンク人事部で私が学んだ一生使える「気づかいの基本」が身につく本」(大和出版)「仕事も人間関係もうまくいく!マナードリル」(総合法令出版)「反学歴の成功法則」(経済界)などがある。

伸び悩む女の独りごと~異文化の交差点