スープとパンの食べ方でわかる、テーブルマナーの“偏差値”

脱かわいい 大人の作法

 フルコース料理は前菜から始まります。フランス料理では「オードブル」、イタリア料理では「アンティパスト」と呼ばれ、食欲をそそる役割があり、軽めで鮮やかなものがサービスされます。フランス料理では、前菜の次にスープがパンと一緒に出てきます。あなたは、スープとパンをどのように食べていますか? 実は、簡単そうで意外に細やかな所作が求められるのです。スープとパンの食べ方で、あなたのテーブルマナーの“偏差値”がわかります。

美しくスープを食べるには

 スープを飲むときに音をたてないのは基本ですが、フーフーと息を吹きかけて冷ます行為もいけません。大切なのは静かに飲むことです。音をたてずに飲むにはコツがあります。スープを吸引力ですすらずに、スプーンごと食べるという気持ちで口に入れてください。飲むというより流し込むようにすれば、失敗しません。

(1)スプーンはペンを握るように軽く持ち、お皿の縁のあたりからスープの中に入れます。お皿の手前から奥側に向かってスプーンを運び、スープをすくってください。すくう量はスプーンに3分の2程度が適量でしょう。このとき、スプーンからポタポタと汁が落ちないように。スプーンの背を皿の縁で軽く拭ってから口に運ぶと、テーブルを汚さずにすみます。左手は皿の左側に添えておきます。

(2)スプーンは縦からでも横からでも、飲みやすい方から口元へ。こぼさないように気を使うあまり、お皿に顔を近づけたり、前かがみになったりするのは美しくありません。姿勢を正したままスプーンを口元へ運びましょう。

(3)スープが少なくなったら、皿を向こう側へ少し傾けてすくいます。取っ手のついたカップスープの場合は、手で持って飲んでもかまいません。このときもカップに口を近づけず、カップの方を口に近づけます。

左から、手前から奥側に向かってスープをすくう

 食べ終えたら、スプーンはスープ皿の中に置きます。カップ形の器の場合、スプーンは受け皿の向こう側に置きます。

パンは一口大に手でちぎって食べる

 西洋料理にはパンとバターがつきものです。でも、実は間違った食べ方をしている人を多く見かけます。そんな方はたぶんいないと思いますが、パンをそのままかじって食べないように。一口で食べられる大きさに手でちぎりましょう。パンくずがボロボロこぼれないよう気をつけて。もし、こぼれても一か所に集めたり、手で払ったりしてはいけません。サービスマン(接客係)に任せましょう。

 バターのぬり方にもご注意を。パンの全面に一度にバターをぬるのはお行儀が悪い食べ方です。ちぎったパンにその都度バターをぬり、一口でいただきます。

 ここで、クイズです。

お皿に残ったスープやソースがスプーンですくえないとき、どうしますか?
1.パンできれいに拭って食べる
2.そのまま残す

 正式な食事会では、残ったソースをパンにつけて食べたり、スープにパンを浸したりするのはNGです。まず、ソースは残らないように食べ終えるようにしましょう。どうしても残った場合はそのままにしておきます。

左・パンの前面にバターをぬってはダメ! 右・一口サイズにちぎってバターをぬるのが正解

 たとえば、イタリアでは「パンにソース」はおいしい証しともいわれます。家庭やカジュアルなレストランならば、パンでソースやスープを拭っても構わないでしょう。「おいしかったね」という、よい意味に取られると思います。でも、高級レストランや晩餐ばんさん会など正式な場では「失礼な行為」になります。

 マナーは国によっても違いますし、レストランの「格」によっても異なります。

 テーブルマナーの心得である「いっしょにいる人に不快感を与えず、大切な時間を楽しく過ごす」ためにも、TPOに合わせることが大切です。最低限のマナーは身に付けておきましょう。

【あわせて読みたい】
ナイフとフォーク、持ち方一つで下品に見える!?
会話を楽しみながら、優雅に食べる…美しいテーブルマナーの基本
グラスに口紅がべったり! どうしますか?
あなたの常識は非常識!? テーブルマナーの偏差値アップ!

清水彰子
清水彰子(しみず・あきこ)
マナー&キャリアコンサルタント

 トランスアジアオフィス TAO 代表取締役。放送業界で番組制作に携わった後、結婚。十数年を海外で過ごし、帰国後に社交マナーやコミュニケーションを中心に、企業研修のコンサルタントとして活躍。ジョン・ロバート・パワーズスクール東京校校長を経て、SEI by Akiko(2018年、DESIGN U LABとしてリニューアル)を立ち上げる。ミス日本、ミスユニバースJAPANの教育・指導および審査員を担当。著書に「いちばん綺麗なあなたを見つける」(リヨン社)、「気品のコツ 品格ある女性のマナーブック」(海竜社)など。

DESIGN U LAB