ナイフとフォーク、持ち方一つで下品に見える!?

脱かわいい 大人の作法

 仕事関係など緊張をともなう食事会のとき、慣れない人にとって頭が痛いのは、ナイフとフォークなどのカトラリーの使い方でしょう。基本的なルールとして、オードブル用、魚用、肉用と、料理によって使い分けます。並べられているカトラリーは、外側から順番に使えばいいということは、知っている方も多いでしょう。では、正しい持ち方はご存じですか?

わざとらしい持ち方は品格に欠けます

 カトラリーを正しく持つのは、マナーの基本中の基本です。間違った持ち方をしていないか、チェックしましょう。

 普通、フォークやスプーンはペンを握るような形で軽く持ちます。このとき、柄の上部を持つように心がけましょう。フォークで食べ物をすくうときは、歯先を上に向けます。わざとらしく、指を広げて持ったり、小指を立てて持ったりしないように。気取っているつもりかもしれませんが、下品に見えます。手のひら全体で握るのも、見苦しいのでやめましょう。

 肉用のナイフとフォークを使う場合、ナイフは刃を、フォークは歯先を下に向けます。肉を切るときは、人さし指で指差すように柄の部分を上から押さえます。固い野菜を切るときや、フォークで刺して押さえるときも、同じようにします。

 食事中のナイフとフォークの置き方にも気を付けて。ハの字に置けばいいと思っていませんか? 正しくは、ナイフの刃を手前に向け、フォークの歯先を下向きにして、交差させて置きます。このとき、カトラリーがテーブルクロスを触らないようにします。

 食べ終わったら、ナイフとフォークをそろえて、それぞれの柄が4時の方向に、先の部分が十時の方向を指すように、斜めに置きます。ナイフの刃は内側に向けて、フォークの歯先は上を向いても下を向いても構いません。

切る、刺す、すくう、カトラリーを自在に使う

 さて、ここでクイズです。

カトラリーを使う際、マナー上、ナイフは右、フォークは左です。では、左利きの人は?
1.右手にナイフ
2.利き手にナイフ

 西洋では、左利きの人も大半は、ナイフは右手、フォークは左手に持ちます。左手でナイフを使うと、隣の人の右腕に当たり、食事の邪魔になるからです。でも、スプーンやフォークだけで食べられるものは、ナイフを持たず、利き手にフォークを持ちます。「大半」といったのは、最近では、ナイフで固いものを切るとき、力が入る利き手の方がよい……という考え方もあるからです。左利きの方がナイフを利き手に持つ場合、ぜひ、お隣の方とぶつからないよう気をつけてくださいね。

 料理を切り分ける際は、ナイフは引くときに切るようにするのがコツです。一度にぜんぶ細切れにして、フォークを利き手に持ちかえてから食べる人がいますが、これは格好悪いです。一口ずつ切り、そのつどフォークで刺して食べてください。フォークで食べているときも、ナイフから手を離さないで。手に持ったまま、固定させておきます。

 料理によってはフォークだけで食べられるものもあります。このときは、ナイフは持たず、テーブルの上に置いたままにしてください。

 スープを食べ終えた後のスプーンはどうしますか? 受け皿に置かず、スープ皿に戻しましょう。スープがコップ形の器に入れられていた場合は、受け皿に置きます。

 面倒くさいように思えますが、慣れれば自然と手が動くようになります。いざというときのため、家でしっかり予習しておきましょう。

ランチセミナー参加者を募集!

 清水彰子さんを講師に迎え、おいしいランチコースをいただきながら、テーブルマナーと女性の魅力をアップする「前向き思考」を学ぶセミナーを11月17日(土曜)、東京・ホテルニューオータニで開催します。

【セミナー概要】
「働く女性の魅力アップセミナー ~美食でマナーと前向き思考を学ぶ~」
開催日時:11月17日(土曜)11:30~13:30(受付11:00から)
会場:ホテルニューオータニ(東京)「ベッラ・ヴィスタ」
会費:1万円(税込み、ランチ代含む)※お一人1杯ドリンクサービス、ニューオータニからエステ割引の特典付き
募集人数:12名(応募者多数の場合、抽選になります)。お一人、3名まで応募できます。15歳以下のお子様は応募できません。
主催:OTEKOMACHI(読売新聞東京本社)
共催:DESIGN U LAB
協力:ホテルニューオータニ(東京)
協賛:ペルノ・リカール・ジャパン株式会社

 応募フォームはこちら

【あわせて読みたい】
会話を楽しみながら、優雅に食べる…美しいテーブルマナーの基本
グラスに口紅がべったり! どうしますか?
あなたの常識は非常識!? テーブルマナーの偏差値アップ!

清水彰子
清水彰子(しみず・あきこ)
マナー&キャリアコンサルタント

 トランスアジアオフィス TAO 代表取締役。放送業界で番組制作に携わった後、結婚。十数年を海外で過ごし、帰国後に社交マナーやコミュニケーションを中心に、企業研修のコンサルタントとして活躍。ジョン・ロバート・パワーズスクール東京校校長を経て、SEI by Akiko(2018年、DESIGN U LABとしてリニューアル)を立ち上げる。ミス日本、ミスユニバースJAPANの教育・指導および審査員を担当。著書に「いちばん綺麗なあなたを見つける」(リヨン社)、「気品のコツ 品格ある女性のマナーブック」(海竜社)など。

DESIGN U LAB