新婚ならではの「使える制度」をしっかり活用

幸せを引き寄せるマネー術

 夫婦での新生活を始めるとなると、引っ越しや家電購入など、何かと物入りなもの。結婚する時期にしか使えない制度もあるため、しっかり活用して、ゆとりある生活で滑り出せるとうれしいですね。

百貨店のブライダル会員

 多くの百貨店では、「ブライダル会員」や「ブライダルクラブ」といったサービスを提供しています。「入籍から1年」「1年以内に結婚予定がある」など、各デパートの定める条件を満たせば登録でき、10%割引や5~10%のポイント還元など、普段と比べて有利なお買い物ができるチャンスになります。

 会員登録をしておけば、結婚指輪や婚約指輪など高額なものが割引価格で購入できます。挙式後であっても、家具、寝具、タオルといった生活に必要なアイテムを買う機会も多いため、使い勝手がいいと思います。夫婦で使うものは百貨店で購入しないというカップルでも、結婚内祝いなどはデパートで買おうと考えることも多いため、重宝します。

新婚補助に、まとめて買うから交渉まで

 新婚世帯を対象とした自治体の助成制度もあります。結婚祝い金などを出す自治体や、結婚3年以内の夫婦などを対象に家賃補助などを行う自治体もあります。引っ越し費用への助成がある自治体もあるため、居住地の自治体の制度を確認してみましょう。夫婦それぞれの勤務先での結婚や引っ越しに関連する制度を確認することも大切ですね。

 下半期の人事異動の影響や年内に新生活を整えたいニーズから、引っ越しは秋から年末にかけて費用が高くなりがちです。もし日程が許すなら、年始早々の引っ越しは費用が安くなるケースもあります。2社ほど相見積もりを取って、料金などを比較するのがよいでしょう。一括見積もりサイトなども便利ですが、連絡がものすごくたくさん来てしまうことがあるため、個別にコンタクトを取る方が進めやすいかもしれません。 

 普段は必要な時に必要な分だけ購入する家電なども、新生活を始めるとなると、まとめて購入することも多いでしょう。単体だと値段の交渉が難しくても、複数の購入であれば、値下げに応じてもらえる場合があります。

 必要なものをリストアップして、まとめて買う機会だからこその値引き交渉に挑戦してみるのもよさそうです。

【あわせて読みたい】

秋は結婚式シーズン? 結婚にかかる費用を考えよう

結婚式の費用のやりくりってどうしたらいいの?

風呂内亜矢さん、新生活のためのマネー講座「ルール見直し必要」