海外でもスマホをかざしてお支払い?

幸せを引き寄せるマネー術

 前回は、世界の標準的な非接触型決済の規格であるTypeA/B対応カードが、日本でも発行され始めていることをお伝えしました。これらの対応カードをスマートフォンに取り込むことで、国内外でスマホ決済ができます。

日本のiPhoneJCBMastercardに対応

 日本で販売されているiPhoneの場合、JCBMastercardの非接触対応カードを取り込むことができます。通常、VISAは対象外です。

 現在のところ、非接触型決済に対応しているカードの種類は少なく、iPhoneに取り込めるカードとなると、dカードやオリコカードの「Mastercardブランド」や「ジャックスカード J/SpeedyJCB)」などに絞り込まれます。これらのカードの場合、MastercardJCBとしての支払いになります。

 iPhoneをかざして支払うApple Payの場合、Suicaにクレジットカードからチャージ(入金)して支払ったり、クレジットカードをiDQUICPayといった電子マネーにひもづけして支払ったりすることが一般的です。SuicaiDQUICPayは通常、海外での支払いには使えませんが、同じApple PayでもMastercardJCBでの支払いであれば、海外でも利用できます(ただし、店舗が対応するカードリーダーを備えている必要があります)。

Google Payは四つの電子マネーで決済可能

 Android端末をかざして決済(Google Pay)したい場合、おサイフケータイ対応機種を持っていればOKです。

 Google Payは、Suicananaco、楽天EdyWAONといった電子マネーでユーザー登録をして利用する方法、またはジャックスカードなどのクレジットカードなどをQUICPayとひもづけて利用する方法になります。いずれも、主に日本で使われている非接触型ICカードの通信技術方式TypeFのため、通常、海外での支払いには利用できません。

 しかし、Apple Payが対応していないnanaco、楽天EdyWAONをスマホで利用できるため、普段からこれらの電子マネーを愛用している人には、iPhoneよりもAndroidの方が便利かもしれません。

 スマホでの決済は、キャッシュレスどころか、カードレスやお財布レスの生活スタイルを実現します。国内外などでの決済シーン、利用できる端末とカードの組み合わせ、電子マネーの種類などについて、自分のライフスタイルに合うものを選ぶと便利でしょう。

【あわせて読みたい】

プリペイドカードでキャッシュレス生活をお得に体験しよう

QRコード決済って何がすごいの?

いざ、海外旅行へ! 保険はかけた方がいい?