プリペイドカードでキャッシュレス生活をお得に体験しよう

幸せを引き寄せるマネー術

 キャッシュレス決済を生活に取り入れようと思った時に、電子マネー(プリペイドカード)、デビットカード、クレジットカードといくつかの選択肢があります。これらの選択肢の中では、一般的にクレジットカードのポイントの還元が高いことが多いです。一方で、クレジットカードの後払いの性質が苦手と感じる人もいるかもしれません。

プリペイドなら袋分け予算管理の代わりに

 このコラムで以前に、銀行口座の残高から即座に使用した金額が引き落とされるデビットカードの中に、国際ブランドカード(VISAMastercardJCBなど)のものが登場していることをご紹介しました(「買いすぎを防ぐデビットカード、選ぶ時のポイントは?」)。クレジットカードに比べ、すぐに支払われるデビットカードは予算管理しやすいでしょう。また、電子マネーなどの “入金をして使うプリペイドタイプ”であれば、現金を袋分けして予算管理をするのと近い感覚で使うことができそうです。

 例えばひと月、交際費と食費の合計を5万円としたい場合、月初めやお給料日に5万円をチャージして、1か月、残高を気に掛けながら使えば、予算をキープしやすくなります。

1%キャッシュバックやローソン3%オフなども

 こうした使い方をする場合、SuicaWAON、楽天Edyといった電子マネーでも金額によっては可能ですが、最近では国際ブランドのプリペイドカードも生まれています。MastercardJCBなどの加盟店でおおむね使えるため、クレジットカードと同じように使えます。

 このような新しいプリペイドカードはお得さに関しても魅力的です。

 楽天銀行のプリペイドカード(JCB)はチャージ金額に応じたプレミアムバリューが付きます。例えば、5万円チャージすると500円分付与され、5500円分のお買い物ができます。

 dカードのプリペイドカード(Mastercard)の普段のポイント還元率は0.5%ですが、ローソンでの買い物に使うと3%オフ、マツモトキヨシだとdポイントが2.5%付与、高島屋だとdポイントが最大2.5%付与と還元率が高くなります。予算管理の用途と、日頃買い物に行く店舗が合致するならば、有効な選択肢になりそうです。

 現金を使わないキャッシュレス生活にしようとすると、お金を使った実感が湧きづらく、使い過ぎが心配になるかもしれません。先にお金を入金して使うプリペイドタイプのカードであれば、その心配を緩和しつつ、キャッシュレス生活を体験できそうです。

【あわせて読みたい】

QRコード決済って何がすごいの?

いざ、海外旅行へ! 保険はかけた方がいい?

失業保険っていくらもらえるの?